居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

遊んでみたい吞み比べゲーの新作

2016年に発売されて、どこかで遊べたらなーっと思って未だ叶っていない
「レッドドラゴンイン!!」
プレイヤーはファンタジー世界を冒険する冒険者となり、酒場で自慢話をしながら吞み比べをし、ギャンブルして金をがめ、酔い潰し……最後まで卓に座っていた人が勝ち。
何だか、そんなシチュエーションのゲームが他にもあったような?と思いながら、とてもワクワクする内容でして。
お酒飲みながら遊びたいゲームでもありました。また、キャラクターごとにデッキがすでに構築されているということで構築済みデッキゲーの新しいタイプなのかぁ??とも思っていました。

そんな、レッドドラゴンインの新作の題名は「レッドドラゴンイン7」
前作は酒場に集う冒険者達でしたが、今回は冒険者達が集う従業員側となるようです。
これだけで遊ぶ事も可能ですし、前作と混ぜ合わせて冒険者サイドとお店サイドの攻防なんていうのも可能になります。新作だけで遊ぶ場合は13歳以上の2〜4人で1時間もかからずに1プレイを遊べます。

お酒がテーマだから未成年NGかと思いきや、ネタとはいえ……そんなことは無いんですね。

コンポーネントは4つの新しいキャラクターデッキ、3つのサイドデッキ、1つのドリンクデッキ、4つのプレイヤーマット、4種のマーカー2つ、50枚の金貨トークン、5個のコースターが入っています。
発売は9月中を予定しているとのこと。


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

ボドゲを買って植林をしよう?

※ 日本での活動ではありません。 『ThunderGryph Games』というゲーム会社の試みで、自分たちのゲームが1本売れる度に樹木を植えるプロジェクト【Trees for the Future】と提携したそうです。 […]

記事を読む

こういうパッケージに弱いのかぁ。

と、つくづく思う今日この頃。 リリース情報を眺めていて、ふと目に留まったのはStarling Gamesが2018年10月〜12月に発売予定と発表した 「Everdell」というワーカープレイスメントゲーム。 1人〜4人 […]

記事を読む

Masque of the Red Death?

「赤死病の仮面」というボードゲームがアメリカの方で出るらしい。 もともと、これには原作があるようで国内に「赤死病」が蔓延する中、病を逃れて臣下とともに城砦に閉じこもり饗宴に耽る王に、不意に現れた謎めいた仮面の人物によって […]

記事を読む