[#PROMPTOBER] Day.6 LIGHT Day.7 DARKNESS

■ イントロダクション これは、MtGのエキスパンション「神河 NEON DYNASTY」が発売された際に発売記念として海外のオタクカルチャーショップがマダミスLARPイベントを行ったということで……自分なりに進行を妄想 … “[#PROMPTOBER] Day.6 LIGHT Day.7 DARKNESS”の続きを読む

[#PROMPTOBER] Day.5 ALCHEMY

■ イントロダクション 食人鬼達はこの日を待ち望んでいた。今日は錬金術師達が、自分たちの「悪食」を治療してくれるというのだ。今日はとあるレストランで会合が行われ、治療薬と食事が振る舞われるという。しかし、錬金術師達の中に … “[#PROMPTOBER] Day.5 ALCHEMY”の続きを読む

[#PROMPTOBER] Day.4 MAGIC SPELLS

■ イントロダクション 魔法は異世界ファンタジーの専売特許ではない、あなたの日常の中や文芸作品にまで魔法は隠されている。そう、私たちは魔法の見つけ方を忘れているだけなのだ。 これを読んだあなたは、魔法が存在することを思い … “[#PROMPTOBER] Day.4 MAGIC SPELLS”の続きを読む

[#PROMPTOBER] Day.3 HIDE N’ SEEK

■ イントロダクション あなたは夜にだけ開催される古本市に迷い込んだ。そこで狐の面を主催者に迷宮へ落とされる。 あちこちウロウロとしながら、箱に収められた3冊の本を見つけ出した。 「さて、鬼ごっこをしよう」 主催者が本の … “[#PROMPTOBER] Day.3 HIDE N’ SEEK”の続きを読む

[#PROMPTOBER] Day.2 PARALLEL WORLDS

■ イントロダクション ある日の外出中、あなたは時間が空くと文庫本を読んでいた。手頃な栞がなくて偶然持っていたポラロイド(またはスマホデータをプリントしたモノ)を挟み込む。 次に本を開いた時、そのページは白紙となっていて … “[#PROMPTOBER] Day.2 PARALLEL WORLDS”の続きを読む

[#PROMPTOBER] Day.1MYSTERY

■ イントロダクション あなたは精霊によって、これから起こるかもしれない『人智では計り知れない現象』のヴィジョンを見せつけられる。しかし、とてつもない不安感しか言葉にすることができない。精霊は、「明確なイメージの答えは、 … “[#PROMPTOBER] Day.1MYSTERY”の続きを読む

【Tidal】構文を今度こそ学ぼう・その4

■ パターンの記譜法を知ろう ●「$jux」 左右のチャンネル(音の出力:スピーカーのようなもの)に変化を与えるため、右チャンネルだけの再生スピードに変化を与える関数です。引数には数値以外にも関数($rev、$iter、 … “【Tidal】構文を今度こそ学ぼう・その4″の続きを読む

【Tidal】構文を今度こそ学ぼう・その3

■ パターンの記譜法を知ろう ●「$rev」リバース 通常のパターンは、表記された引数を左から順番にSuperDrifシンセサイザーに実行させます。「$rev」関数を$sound関数の前に表記することで、右から実行させま … “【Tidal】構文を今度こそ学ぼう・その3″の続きを読む

【Tidal】構文を今度こそ学ぼう・その2

■ パターンの記譜法を知ろう このチャンネルと構文の集合体を、正しくは「パターン」という。Tidalで音楽を作成するには必要不可欠で、この命令をSuperDritシンセサイザーが解釈して音を再生させる。次の4つのサンプル … “【Tidal】構文を今度こそ学ぼう・その2″の続きを読む