居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

Image

【 #TRPG 】RPGSportsとRed

先日、ライブ配信と録画で「RPGSports」を見ました。
うーむ? 日本語じゃないのが一番の原因なのかもしれませんが、そんなに盛り上がりが……。
レビュアーの感想を見てみると、
「一番面白かったのは、キャラ選択時」
とか書いている人もいました(おぃおぃ

©️ RPGSPORTS.tv

参加者がオンセツールに慣れていなかったこと、D&Dのキャラクターのスキルに不慣れだったことも書かれていました。
1プレイヤーが宣言をするまでのシンキングタイムが45秒と定められていた割には、宣言も行動ももたついてるなーという印象は英語がわからなくても伝わってきました。
(むしろ、DMが操作してるんじゃね1?と思うぐらいのタイムラグが……)
あと、やっぱりロールプレイはもう少し盛り込んで欲しかったかなぁと、思いました。

RPGSportsの判明したルールは?

  • キャラクター選択時に、選択禁止キャラはパーティー間で2体選べる。
  • 手番時のシンキングタイムは45秒
  • 戦闘時間は45分(45分過ぎたら、進行中のラウンドを最後までやって終了)
  • 1ターン目と3ターン目に所定の場所でマジックアイテム(ポーションなど)が利用可能
  • 5ターン目に罠が配置される
  • 6ターン目に戦闘フィールドが縮小される(範囲外に出ると火や毒などのダメージを受ける。おそらく継続ダメージ的な)

RPGSportsの勝利条件は?

  • キャラクターを多く脱落させたチーム
  • 脱落数が同じ場合は、もっとも大きなダメージを与えているチーム
  • 与えているダメージが同じ場合は、残っているライフポイントが最も多いチーム
  • それでも決まらない場合は、10分間の延長とする

つづく第2ラウンドは、11月18日の朝5時から。うーむ、録画でも良いかなぁ

CyberPunk Redのことをついに言及

そういえば、R.タルソリアンゲームズの公式サイトで「Cyberpunk Red」についての言及がありました。

何かというと、来年ウィッチャーシリーズのCDプロジェクトレッドとタッグを組んだコンシューマーゲーム『Cyberpunk2077』がTRPGの「Cyberpunk2.0.2.0.」が原作になっていることが話の根幹です。

Witcher TRPGの発売時期と同じ時期に話が現れたRed。これは「Cyberpunk2.0.2.0.」が版上げされることとなるTRPGです。
位置付け的には、2.0.2.0……2020年から2070年までをシームレスに世界観を橋渡しする役割が「Red」にはあり、ルール的にも新たな試みがいくつも盛り込まれる予定とのことです。
ですが、「Cyberpunk2077」はリリース後も拡張され続けることになるため、100%の合致は難しいが、ユーザーの期待は裏切らない努力は怠らない……とのことです。

2019年の3月ぐらいまでにはリリースにこぎつけたい計画のようです。
「Cyberpunk2077」発売直後になるでしょうから、間に合えば注目度がかなり高いと思います。それにかこつけて、日本での取り扱いも再開されないものかとちょっと期待してしまいます(笑