居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

Image

フランス産のTRPGと聞いて

最近起こったTRPG関連のことで、ちょっと衝撃的なことがありました。
「そのシステム初見者が楽しむためには、自分がやりたいキャラなんて幻想は捨てて最適化されたクラス構成で役割分担をきっちりしないとソードワールドは面白く無い。コミュニケーションゲームなのだから事前にコンセンサスが取れる」
という意見を言われ、その場(チャット内)にいた人全員が賛同するという現場に遭遇しました。
正直なところ「それ、本当にコミュニケーションゲーム?」と個人的には思いました。

まぁ、私のTRPGにおけるスタイルは「シナリオ的な物語と自分のキャラクターの物語に納得できるのあれば、キャラをロストしても満足する」です。
なので、遊びたいと思っていたキャラクターを、“セッションに参加しない熟練者の意見”で押し殺してMMO的な役割分担に徹するのには正直疑問が(笑)
それならコンシューマーゲームで良いんじゃね?

「どうあっても整合性が取れないパーティなら、アイテムやスキルを駆使して全員で乗り越えるか相談する」というのがコミュニケーションゲームなんじゃないの?

と思うところです。まぁ、私の考えることは概ね間違っていることが多いのですが・・・。
ナラティブ系と言われるシステムじゃないと、こういう考えは実現不可能なのでしょうか?
はっ、これが老害思想か!?(シオシオ

– + – + – + – + – + – + – + –

まぁ、そんなことはさておき。
今週PDF版が発売されるというTRPG(海外のお話)の中に、フランス産のTRPGが英訳されて電子書籍化されたものがあるとのことで情報を追ってみました。

そのタイトルは「Capharnaum – The Tales Of The Dragon-marked」。フランス産のファンタジーなら十字軍とかそこら辺をモチーフにするのかと思いきや、なんと原点的テーマはアラビアンナイト(!?)的な千夜一夜の神話的物語。
キャラクターは竜の爪のような痣を体に宿した特別な運命を宿す者(神とドラゴンに選ばれし者)となって英雄になるべく冒険を繰り広げます。
アラビアンナイトが根本的なテーマとあって、用語もそれらしいものが色々と利用されています。

行動判定は『能力値+技能』の値でダイスプールを形成してダイスロール。能力値分のダイス出目を合計し、15以上なら判定に成功。またダイスプールの1つはドラゴンダイスと呼ばれ、そのダイスが6の出目を示していれば、ダイスプールをすべて振り直すことができるようです。
合計値が一定値を上回ることで超越幻視(by 深淵TRPG)的なことも発生します。

3つのゾロ目が出たら星座の加護(キャラごとに定められた特殊能力)を受けたり、困難な状況下で英雄らしく見栄と啖呵を切ることで、判定の難易度は上がるけど市民や異性の支持率が上がったりと・・・。

パッとみた感じですが、英雄を体現するべく色々なルールが組み込まれているようです。
バーフバリとかも再現しやすかったり?? とか思ってしまいました。
これも独訳候補に入れておこうかなぁ(また、フォルダ容量が重くなる・・・)
まさかPDFも積むことになるとは(笑)

Image

何もしていないというときは?

最近、週末になると調子が悪くことが多いなぁ〜と思いつつ。

まぁ、サイトを更新していないときはエージェントかガーディアンをしていることが多いでんすけどね(こら)
後は図書館とブックオフを行ったり来たり。

少し愚痴を書きなぐってやろうと思ったんですが、何か以前にもこんな事を書いたデジャブに襲われたので止めることにしました。

はい、愚痴でした(おい)

– + – + – + – + – + – + – + –

少し体調が悪くて週末は起きている時間が少なかったですが、ファンクションラリーの結果に絶望したDESTINY2から少し距離を置きつつThe DIVISIONの方をやってました。

DESTINY2は次のパッチが月末ぐらいに来るそうなので、その頃には遊ぶ気が戻って来るかも?? ダメージ総量は変わらないけど炸裂弾に弱体化が入るのがちょっとなぁ〜とは思っています。
あと最近DESTINY2へそんなに愛情を向けてないのは、前回のファンクションラリーでスカウトライフルを景品に出していたFWCが勝たなかったことに絶望したこともあります。
パッチを見る限りパルスもけっこう強化されるみたいなので、強化帯に丁度良い景品パルスライフルだったのかもしれませんねぇ(拗ね拗ね

後はジャンプの仕様変更と共にアークスライダーのスーパースキルも仕様が変わるようなので、その使用感が気になるところです。もっぱら、PvEでダメージを叩き出したいときの切り札的な扱いですけどね。

D1仕様に近づけるのであれば、トリップマインの仕様をもう少しその……。まぁ、D1の最後でもエネミーやガーディアンには貼り付かなくなっちゃいましたけどね。

– + – + – + – + – + – + – + –

The DIVISIONは今後の更新スケジュールとThe DIVISION2を開発していることが発表されました。

これまでのDIVISIONを壮大なスケジュールとして、2が開発されるそうです。
まぁ、DNA改造されたバイオカクテル天然痘の設計図はローグエージェントが握ったままですからね。
私はもっぱらソロプレイヤーなので、レジスタンス内の隠しミッションまで到達すらしていないので最新の情報がどうなっているかが謎のままですが……。

今後の更新はDIVISON2へ進むためのリワードが含まれているGEイベントの他に、その前に新しいGEイベント「ブラックアウト」と「オンスロート」が入って来る予定のようです。で、クラシファイドとディビジョンテックの入手量が増えた後のGEはクラシファイドを揃える最後のチャンスとなるんでしょうね。
ぜひ、D2のように前作をほぼほぼ切り捨てずにすべてを網羅して「2」へ走ってもらいたいものですが……ゲームバランスなど色々な問題を考えると難しいんでしょうかねぇ??

私のクラシファイド収集は、当初あれほどファイアクレストセットしか持っていない身でしたが

  • ハンター
  • デッドアイ
  • ストライカー
  • ファイナルメジャー
  • リクレイマー

も揃いました。GEアサルトをやってみて盾のクラシファイドが猛烈に欲しくなって来たんですが、それは今週末なんですよねぇ。あとは、DIVISION2になる前に……ストリートアートのSSを集めきりたいところ(全然ゲーム内報酬が設定されている部分ではありませんが)

Image

50ページ、50ページかぁ(悩)

そういえば、すごい久しぶりにリプレイを購入しました。
購入したのは、ソードワールド2.0のリプレイ『導かれし田舎者たち』。

何かトーキョーN◎VAとかの「ストーリーを読ませるモノ」みたいなリプレイが好みで、
GMの心境多めだったりPCじゃなくてPL推しが多いリプレイが増えた事でリプレイ自体は
しばらく敬遠していたところがあります。
今回はTwitterのTLでけっこう話題になっていたのと、“昔のリプレイっぽい感じがある”と呟いている人も多かったのでならば〜と思った次第です。

改訂版Iの文庫からスタートしていくキャラクター達、各キャラクターの誰もが必ず一度は主人公になるギミックも中々惹かれる部分がありました。
正直、サークル内でもしかしたら文庫版だけの卓が立ちそうな感じなので……思わずルルブのExを購入!!

ただ、中盤からGMの心労が溜まって来たのかGMの心境(愚痴と後悔)がやや多くなっていったのが……個人的にはマイナス点。
頑張れ!! GM と思いますが、せめて巻末にまとめて欲しい。もしくはセッション監修者のプチコラムを入れた方が良かったんじゃないかなぁ〜とも思ってみたり。2巻も発売されているようですので、そのうち購入しようかと。


調べよう欲が復活してきたので、数日ぶりに情報サイトを眺めていると「ENnie賞を受賞した子供向けTRPGのバンドル版がリリース!!」というニュースがありました。
※正式名称はGen Con EN World RPGアワード。TRPGファンからのファン投票によってノミネートされ、一般からのオンライン投票で最終的に賞が確定する(らしい)。2002年から年次授賞式が行われる形で創設

製品名は『HIERO KIDS』。今はSFバージョンも展開しているようですが、今回のバンドルはファンタジーバージョンのようです。

本作は、4歳〜10歳までの子供向けのファンタジーRPGです。TRPGに興味を持っている子供達がいたら楽しいセッションをすぐに開始できる最適なルールです。子供同士、親子で遊ぶのにも良いゲーム体験を提供してくれる。ルールブックは50ページ程で、GMをする人は15分〜20分程でルールブックを読むことができるので必ず一読しましょう。セッションは早ければ30分程度で完了します。
子供と遊ぶには良い時間でしょう。

  • 六面体ダイスだけを使う簡単な戦闘と冒険のシステム。ダイスプールシステムは自分の手番でなくてもゲームに影響を与える
  • 少年少女を含む10人のヒーロー、モンスター、マップの完璧で綺麗なイラストがゲームへの没入感を増やす
  • 1プレイは30〜60分
  • すぐに遊べるシナリオ「Basement O Rats」を収録

今回のバンドル版では基本ルールの他に、シナリオ集、キャラクターの拡張、追加モンスターなど色々なものを約20ファイル程が同梱されているそうです。公式サイトでゲームマスタースクリーンがダウンロードできますが、チラッと見ただけでもかなりお手軽に遊べそうです。
クイックスタートは無いのですが、『手番じゃなくてもダイスプールがゲームに影響を与える』というギミックが無性に気になります。
複雑なギミックではないようですが、凄く気になる……ポチって……しまおうか……(誘惑が、誘惑が〜!!!?)

日本だと「ラビットホール・ドロップス」が児童向けになるんでしたっけ?
一番最初のルールは購入させていただいたのですが、最新版は読んでないんですよねぇ。
ゲムマで見かけたら買ってみようかなぁ。

Image

悪い夢を見ました。

小さき時から続いていることで、夢の内容がホラーチックだと目を覚ましたとき体調が悪いんですよ。今回もそんな感じ。
せっかくDivisionがアニバーサリーイベントを開催し始めた矢先だっていうのに(orz
前回のようにガッチリと参加できませんでした。
3月は毎週末、グローバルイベントが開催されるそうなので参加する機会を伺おう、うむ。

今回のイベントで初めて知ったのは「Twitchアカウントを連携して、Liveを視聴するとゲーム内アイテムがもらえる」という仕組みがあること。UBIは他の作品でも、以前からこういった事をやっていたんですねぇ。何かこんなに海外実況者さんのプレイを見たのは初めてな気がします。
配信環境とかも凄そうだなぁ(笑)

あと、私……ついにDivisionに課金してしまいました(笑)
というのも、最初に揃えたクラシファイドギアがファイアークレストで専用の衣裳とかも欲しかったのですが、ガチャをまわして何時までたっても揃わないので
………
……

買いました!! 自己満足〜(おっと、スクショ撮ったのに武器を専用カラーに塗ってないな)

撮り溜めたSSを改めて眺めていたら、The Divisionはところどころにあるストリートアートが凄い凝ってる! 何だかDESTINYのデットゴースト探しを彷彿とさせるウキウキした気分でフィールド内をブラブラしてしまいます。
まだ、マップの半分も回っていないのでもっとあるはず……。
ファンメイドTRPG版『L:the DarkWinter(L:tD)』をつくるときに、こういうアートを探索中に見つけたら何かボーナスを与えられる仕組みは入れておきたいですね。
殺伐な世界観に一服の清涼剤を!!

以前使っていたプラグインの仕様を忘れないためにスライドショーのプラグインを改めて入れてみたんですが、そうだったオートプレイは有料だったね、君(笑)