居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

Image

懐かしいは新しいにループする。

いよいよ6月になり、今日から関東地方は梅雨入りもしたそうで。
なかなか堅苦しい英語のペーパーを独訳していて、頭から煙が立ち上がり続けているので雨で鎮火してくれんものか(ぇ
来週ぐらいには読み終わって、次に進みたいものです。

さて、今週公開されている海外のアナログゲーム販売スケジュールを眺めていたのですが
………
……

どうも、ピンとこず(おぃ。
ふと、横のニュースサイトのTwitterアカウントをチラッとみたら
「これは!?」
と思った画像があったので、こっちを記録しておくことに。

「キングドミノ」や「Photosynthesis(光合成)」を出しているメーカーから出ているゲームで
『Shaky Manor』というそうです。

(画像)
©️ Blue Orange Games

財宝が隠されていた家(アイスクールのような部屋同士が繋がっているコンポーネント:4×2の1つの箱になっている)で、これを手に持って傾けながら、お題カードに示されているように1つのミープルと2つの小物を指定された小部屋へうまく誘導しなければいけません。
そのとき、モンスターが指定された部屋に入ってしまったら得点にならないので注意しましょう。
無事にお題をクリアできたら、モンスターを追加して次のプレイヤーへ渡します。
お題がクリアされるほどに難易度が上がります!!

7歳以上の2人〜4人のプレイヤーであそべ、1プレイ10分程度とのこと。

これを見かけた時、小さいときに見かけた箱を手に持って傾けたり色々して銀玉ボールをゴールへ導くオモチャがあったなーというのを思い出していました(笑)
でも、こういう体感的なギミックの方が年齢層関係なくワイワイと遊べそうで良いですよね。
参考になります。

– + – + – + – + – + –

なんて、ぼんやり考えていた時違うニュースサイトのTwitterアカウントを見た時に「ん?」と思ったものがあったのでそれも記録しておくことに。

それは、1996年に発売された「City of Chaos」。
ファンタジー系のミニチュアを使った冒険型ボードゲーム(タリスマンなど)などと、ゲームブック的な要素とTRPGのようなキャンペーン&ストーリーテリングを取り入れた膨大な設定やモンスター・キャラクター・イベントなどのカード(1000枚)をランダムに生成されたストーリーラインとゲームブックのようなパラグラフで管理で無限に展開されるファンタジー世界の都市を冒険・探索するアドベンチャーゲームとのこと。
完全にエンディングを迎えるには5時間以上はかかるのだとか………。
(12歳以上の1〜6人のプレイヤーで遊べるそうです)


©️ Monocle Games Ltd.

そんなゲームが2019年にさらに洗練したアップデート版を発売すると発表がされたそうです。
パッチノート(どこが改良されたか)や新しいコンポーネントのお披露目はまだ先のようですが、ゲームブック×ボードゲーム×TRPGの新しい融合の形が見えるかもしれないなーっと続報を期待したいところです。

Image

電車で往復4時間ぐらい揺られていたので

ここぞとばかりに、仕事をするぞーーーー!!!

ではなく、今年気になっているTRPGの1つであるAFF(アドバンスド・ファイティング・ファンタジー)の簡易キャラ作成をしてみることにしました。
このシステム。元々は1984年に日本でも発売されたゲームブックシリーズ、ファイティングファンタジーを
「一度遊び終わっても何度も何度も(しかも複数人で)遊べるようにしよう」
と能力やデータが付け足されて生まれたシステムのようです。ただ、バランス調整などが難しくその他色々なこともあった事で日本では一度収束してしまいます。しかし、本国のイギリスでは改良と調整が進み2011年に第2版が出版されることとなりました。
TtTマガジン(トンネル・ザ・トロール・マガジンVol.5)によれば、昨今のTRPGブームは「システムが軽いけどデータ量が多い」作品との事。ほぅほぅ、参考になります。

R&R(161)でもソロアドベンチャーの記事が掲載されていたこともあったので、TtTマガジンに掲載されているデータで作成したキャラで遊んでみようと思った次第です。

さて、TtTマガジンに丁寧にキャラ作成記事が掲載されていましたが、自分の頭で理解しやすいようにちょっとまとめ直し。
いざまとめ直してみると、随分行程が少ないですね。

■ キャラ作成

  1. <技術点>、<体力点>、<運点>、<魔術点>の4つの能力値に8点を自由に割り振る(上限あり)
  2. 種族を選択して能力値の補正を得る
  3. 特殊技能を9つ習得する。3つの技能値は2となり、6つは1となる。種族毎で4つ〜5つの固定技能があるがそれは数に含めない。
  4. タレントを1つ選択する
  5. 社会階級の決定。タレントで定められていない限り、0〜6の中でキャラに合っていそうなモノを選ぶ
  6. 魔法の選択。<魔術点>に1点以上割り振っている者だけが選択できる。クレリックの信仰効果もここに含まれる
  7. 装備の確認

作成したキャラクター

  • 【名前】レイオール | 【種族】人間 | 【社会階級】 0(傭兵)
  • 【能力値】〈技術点〉7 〈体力点〉13 〈運点〉11 〈魔術〉0
  • 【特殊技能】世界の知識(1) 都市の知識(1) 宗教の知識(1) 軽業(1) 共通語(4) | 剣(2) 回避(2) 感知(2) 防具(1)
    手仕事(1) 礼儀作法(1) 取引(1) 治療(1) 乗馬(1)
  • 【タレント】剛健
  • 【魔法】なし
  • 【装備】R&Rの161のキャラが持っているものを使用 【金貨】12枚

これで、キャラクターは完成。では、R&R161のソロアドベンチャーへ行ってきます。
………
……

怪我人を介抱したり、川に落ちて武器を落としたけど魔法の武器をゲットしたりして、目的の呪法師を倒すことができました(体力点は大分削れましたが……)
どうやら、宝箱を探し求めるシナリオも含まれているようなので、後でもう少し遊んでみようと思います。