居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

Image

タリスマンって35周年だったのか。…他

タリスマンというタイトルのボードゲームは、ルーンバウンド同様に遊んでみたいとは思っていても中々遊ぶ機会に恵まれなかったゲームです
(1プレイ240分でしたっけ? まぁ、腰を据えた単独ゲーム会がないと……Orz)。

「タリスマン」はファンタジーRPGをモチーフにしたボードゲームで、プレイヤーたちはキャラクターを1人選んで究極の宝物「伝説の支配の王冠」をめぐる危険な探索へと旅立ちます。
しかし、王冠への道は危険に満ちていて、この秘宝を見つけるのは簡単ではありません。

そんなタリスマンが35周年ということで新たに4つのゲームを制作すると発表されたようです。
最初は子供向けゲームがリリースされ、2018年後半にはカードゲーム、TRPG、ダイスゲームと続く計画とのこと。
ルーンバウンドもTRPGになるようですから、何やら火花が散りそうですね。

—-

パッと情報サイトを見ていて気になっていたのが「オルタード・カーボン」のNetflixでのドラマ化。

TRPG「エクリプス・フェイズ」の冒頭にもよく出て来る「どうやら、前のオレは何かしくじったらしい」と新しい身体で目覚めることができる未来の物語。
記憶と心がデジタル化され、バックアップから新しい義体へインストールすることで、死はもはや永遠ではない世界です。

これも、サイバーパンク。netflixのドラマは気になるモノが多いですねぇ。