居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

お、チケライに新シリーズ?

チケットトゥライド。
人生初参加となったボドゲゲーム会でマンハッタンと共に毎回遊ばせてもらい、ボドゲの世界に引き込まれた作品の一つです。
ゲーム会に参加していた人が「チケライ江戸川区版」を制作されていたのを見て
「あぁ、自分で創るっていうのもアリだなぁ〜」
と思った次第です。

そんなチケットトゥライドが7月に新バージョンがお目見えするとのことです。
これまでよりもカジュアルかつお安くなるんだとか(メーカー希望小売価格は20ドル)。
今回のバージョンの舞台はニューヨーク。セントラルパークやタイムズスクエアのような有名な観光スポットと、ブロンクスからミッドタウンまでの他の人気のある目的地と、おなじみの鉄道車ではなくタクシーの乗り物を利用してリンクしています。同じコアシステムを使用していますが、これまで以上に手軽に何度でも遊んでもらうため、マップは小さめ、ルートは短めにして1プレイ15分程度で遊べます。

マンハッタン下部のマップになっているゲームボード、0台のプラスチックタクシー、62枚のカード、スコアボード、鉛筆がコンポーネントとしてついているそうです。

1ゲームは8歳以上の2〜4人のプレイヤーで遊べて、約15分かかります。


©️Days of Wonder

かなりコンパクトそうなので、日本でも取り扱うようだったら購入しておきたいところです。


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

ただいま唸っておりますが。

もう少しまとまったらここにもメモを投下しますが、今あまり遊んだ経験がないジャンルの冊子を作っていて頭から湯気がモアモア〜と出ている状態です。 ここ1年の集大成になるような、頭でっかちなテキストになる予定です。 &#821 […]

記事を読む

タイトルが気になっていたヤツー

タイトルが気になっていたいたけど遊んでいないボードゲームというのは、まだまだ沢山ある。 『傭兵隊長』もその1つ。 元々はEurogame版が1995年、米国版が2007年に発売されていました(日本語版は2007年版のもの […]

記事を読む

このパズル方式は見覚えが!

先日『傭兵隊長』の新バージョンを発表したZ-Man Gamesから面白そうなファミリー向けゲームが販売されるそうです。 ゲームタイトルは『MESOZOOIC』。過去から呼び寄せた恐竜を使ったテーマパークを運営する“リアル […]

記事を読む