居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

お、チケライに新シリーズ?

チケットトゥライド。
人生初参加となったボドゲゲーム会でマンハッタンと共に毎回遊ばせてもらい、ボドゲの世界に引き込まれた作品の一つです。
ゲーム会に参加していた人が「チケライ江戸川区版」を制作されていたのを見て
「あぁ、自分で創るっていうのもアリだなぁ〜」
と思った次第です。

そんなチケットトゥライドが7月に新バージョンがお目見えするとのことです。
これまでよりもカジュアルかつお安くなるんだとか(メーカー希望小売価格は20ドル)。
今回のバージョンの舞台はニューヨーク。セントラルパークやタイムズスクエアのような有名な観光スポットと、ブロンクスからミッドタウンまでの他の人気のある目的地と、おなじみの鉄道車ではなくタクシーの乗り物を利用してリンクしています。同じコアシステムを使用していますが、これまで以上に手軽に何度でも遊んでもらうため、マップは小さめ、ルートは短めにして1プレイ15分程度で遊べます。

マンハッタン下部のマップになっているゲームボード、0台のプラスチックタクシー、62枚のカード、スコアボード、鉛筆がコンポーネントとしてついているそうです。

1ゲームは8歳以上の2〜4人のプレイヤーで遊べて、約15分かかります。


©️Days of Wonder

かなりコンパクトそうなので、日本でも取り扱うようだったら購入しておきたいところです。


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

日本モチーフのボドゲは何故白背景?

※どうやら、これはトリテっぽい。 キックスターターが無事に成功し、2017年にリリースされたA-gamesの「SAKURA」が今月店舗への入荷が始まったようです(日本の話ではありません) ルールは製品サイト上でも公開中。 […]

記事を読む

あら、日本モチーフのゲームが!

左目に細かい傷がついてしまったらしく、痛いは熱っぽいはの一週間です(トホホ) 同人TRPGデザイナーたちの考察を聞いて、ちょっと熱を取り戻しアナログゲームの情報を収集し始め直した矢先に日本モチーフのボドゲがリリース予定で […]

記事を読む

はっ、そのロゴはガープス!?

元記事はこちら 何か見た事があるロゴをバックに映っている画像……もしやガープス!? と思ったら、この人がスティーブ・ジャクソンとのこと。なんだかお茶目そうなおz(ry ニュースになっているのはGURPSを制作する前に出版 […]

記事を読む