居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

TRPGでアートブックという発想がなかった。

※海の向こうのお話。

先週気になったものも含めて、ザッと情報に目を通そうと思ったら、
「ダンジョンズ&ドラゴンズアートブック:アート&アルカナ」が発売されるというリリースに、さっそく目が止まりました(ザッと見はどうした!!)
464ページの9インチx 11.9インチのハードカバーになるこのアートブックは無印〜5版までのコアブック、サプリメント、ダンジョンズ&ドラゴンズ雑誌、スケッチや、キャンパス作品などなど多種多様な媒体から700点以上のイラストが厳選・収録されて10月23日リリース予定とのことです。
kindle版やスペシャルエディションなど色々バリエーションがあるようです。(Amazon.comではプレオーダーが開始されていました)

TRPGでアートブックなんて発想がありませんでしたが、これだけ歴史の長い作品になれば本来は500ページでも足りないって思う人が続出するんでしょうね。
個人的にはワールドオブダークネス(VtMとかそっち)シリーズも……是非アートブックを(w
全シリーズ集めたら相当なことになりますよね? なんて書いていたら、既に発売されていたりして……。
あとは、シャドウランかなぁ。


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

銃と硝煙の世界に小指を浸けて(2)

※この内容はAHC(http://ahcahc.com)のブログにも掲載されています。最後の内容は居眠りの街だけ!! 前回は、サンプルキャラクター「バイパー」こと石林有を使って「FNファイブセブン」のセミモードでの射撃判 […]

記事を読む

ボードゲームからTRPGへ

5月中旬にリリースされていた情報ですが、ブックマークだけしておいてすっかり忘れてました。 TRPG→LARPになったり、TRPG→ボードゲームになったり、ボードゲーム→からコンシューマーゲームというのはこれまで何度か見て […]

記事を読む

4月に思ったこと。

先週に引き続き、今週も調子が悪く……。気づけばもう金曜日。 花粉も終わったことだし、体力をつけないとなぁ〜。 体調が悪かったり、修羅場だったりもしもしたがその中で起こった出来事を今のうちに振り返り。 オンセ中にキレる ま […]

記事を読む