居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

TRPGでアートブックという発想がなかった。

※海の向こうのお話。

先週気になったものも含めて、ザッと情報に目を通そうと思ったら、
「ダンジョンズ&ドラゴンズアートブック:アート&アルカナ」が発売されるというリリースに、さっそく目が止まりました(ザッと見はどうした!!)
464ページの9インチx 11.9インチのハードカバーになるこのアートブックは無印〜5版までのコアブック、サプリメント、ダンジョンズ&ドラゴンズ雑誌、スケッチや、キャンパス作品などなど多種多様な媒体から700点以上のイラストが厳選・収録されて10月23日リリース予定とのことです。
kindle版やスペシャルエディションなど色々バリエーションがあるようです。(Amazon.comではプレオーダーが開始されていました)

TRPGでアートブックなんて発想がありませんでしたが、これだけ歴史の長い作品になれば本来は500ページでも足りないって思う人が続出するんでしょうね。
個人的にはワールドオブダークネス(VtMとかそっち)シリーズも……是非アートブックを(w
全シリーズ集めたら相当なことになりますよね? なんて書いていたら、既に発売されていたりして……。
あとは、シャドウランかなぁ。


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

銃と硝煙の世界に小指を浸けて(2)

※この内容はAHC(http://ahcahc.com)のブログにも掲載されています。最後の内容は居眠りの街だけ!! 前回は、サンプルキャラクター「バイパー」こと石林有を使って「FNファイブセブン」のセミモードでの射撃判 […]

記事を読む

とんかつとDJは同じなんだっ!!的なTRPG(オイ

最後は結構な超展開(?)でしたが、とんかつDJアゲ太郎は音楽漫画ぽくないけど……ぽい(ぇ)漫画で好きです。元気がなくなってくると読み返す一冊(笑) スゲー、発想力。さて、なんでこんなことを思い返しているのかというと先日ブ […]

記事を読む

The Witcher TRPGの情報を探していたら

「Cyberpunk 2077」というコンシューマーゲームを開発するためにCD Projekt Redと提携しているR. Talsorian Games。以前調べていたとき「Cyberpunk 2.0.2.0」TRPGの […]

記事を読む