居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

ファンタジーはパンクする!?

今週、海の向こうで発売されるTRPGやボードゲーム一覧を斜め読みしております。
TtTマガジンの英語版もラインナップされていました。
英語だから読むのに時間はかかると思いますが、ぜひ現物は拝んでみたいものです。
(神保町の書泉さんが取り扱うんじゃないか??とはちょっと思っているんですが、どうなんでしょうねぇ?? もしかしたら、ゲムマ大阪に見本誌があったりして……)

一覧をパッと見した感じ、カバーイラストで「おっ!?」と思ったのがTRPGで1つ、ボドゲで1つありました。
まずはTRPGの方

– + – + – + – + – + – + –

SPIRE RPG

ポストアポカリプス世界を舞台にしたスチームパンクならぬ【ファンタジーパンク】だそうで、ハイエルフに抑圧されたダークエルフをPCとして遊べる作品とのこと。

舞台はダークエルフ一族が根城としていた尖塔(1000人の神が宿る塔で、それぞれの宗教が同居していたとされる)なのですが、200年前ハイエルフに制圧されて進行がすべて禁止されて現在に至っています。
200年の間に内外が崩壊するたびに建て増し・改築が繰り返されて全貌はもはや把握できません。
ダークエルフ達はハイエルフ達に4年間奉仕するという契約をした者のみが塔の最下層で、発掘作業と鉄屑漁りをすることを許されました。
祖父母がハイエルフに倒されるのを目の辺りにしたPC達は、ハイエルフ達から隠された女王や禁じられた女神の信奉者たちが集まる反乱軍に加入してハイエルフを打倒して尖塔奪還を目指します。

さすが200年も立っている事もあり、やや近代的になっているようです(銃もあるっぽいし)……パンクだなぁ。

SPIRE RPGのルール

Spireは簡単なD10システムを使用して、危険な行動の成功または失敗を判断します。
プレイヤーは1から4のダイスプールを作り、その中で出目を1つ選択します。普通は一番高い目ですが……出目によって行動判定をする際に発生するストレスの値が変動してきます。

ストレスは判定後にPCに振りかかるペナルティ(身体的、精神的、感情的に振りかかる不運)を表しています。反乱軍として行動するPCはすべての行動に危険性が付きまとい、ダークな世界観のロールプレイやストーリーテリングを助けてくれます。

SPIREのキャラクター・クラス

キャラクターのクラスでもこの独特な世界観を再現するために10のクラスが初期から選べるそうです。

  • アズライト:商人のような立ち位置だか、黄金の神の崇拝者。貴重品を神に貢ぐことで禁じられた神の力を購入する
  • バウンド:ダークエルフ達が住む最下層の自警団。装備には自分たちが信じる神の装飾が施されている。彼らは非協力的な小さな神を刃で束縛して強制的に従わせられる
  • ハシボソガラス:異端カルトの神官。彼らが信仰している神のエリアをハイエルフから開放した野生の獣達を信頼している
  • ファイアブランド:扇動者であり、過剰防衛の権化。ただ、カリスマ性は高く群衆の感情を神の奇跡へコンバートできる
  • アイドル:自身の魅力とカリスマで他人の心をひねり、操作することができる最先端の芸術家や魔術師
  • ノースドック:200年前は貴族の用心棒であり、街の川の埠頭を航行していた商人や商人の権利を守る騎士とされていた集団。今では他人より金を稼ぎたいゴロツキ
  • ラハジャン:ハイエルフによって禁じられていない女神の信奉者。水銀を操り見えないものを見、月明かりによって身体を光へと変え死者と話すこともできる
  • マスクド:元帥の相談役の一族で、社会操作と隠密に長けた者。変身魔法なども得意とする
  • ミドワイフ:古代の魔法を使って、自らの身体を蜘蛛のような姿へ変貌させることができる。スパイ活動や外交活動が得意。魔法の糸で移動も自由自在。
  • ヴァーミシオン:古代の人々が構築した後の運営に失敗した異空間大量輸送ネットワークを使った運び屋です。歴史家達はネットワーク上に自国の情報や遺物を保管しようとしている

クイックスタートガイドはキックスターターで支援した人限定に配布されたようです。
あら、魅力的な世界観だったのに残念。

– + – + – + – + – + – + –

そういえば、ICv2さんの方で2017年秋のTOP5セールスが発表されていましたね。

  1. ダンジョンズ&ドラゴンズ
  2. スターファインダー
  3. パスファインダー
  4. スターウォーズ
  5. スタートレック・アドベンチャー

D&Dは5thになってから順当にパスファインダーを抑えている印象ですが、SF設定版パスファインダーも大健闘してるんですね。
それ以外は聞いた事が無い(個人的に)インディー作品とかがランクインしていることもあるんですが、今回はそんなことありませんでしたね。
スターウォーズは良作品だと噂で聞くので日本語版を……日本語版を!!?
スタートレック・アドベンチャーはクイックスタートガイドをダウンロードしてはあるんですが、まだ読めてません。

気になったボドゲは次の投稿にて。

カテゴリー・関連記事

ちょっと、ラーピングしようぜ!(不自然)

私の中にあるLARPの情報はかなり古い。正直なところ ◎ SW1.0(ソードワールドRPG1.0)をLARPで再現されている『レイムーン』の方と軽く話をさせていただいたこと。 ◎ Vampire: The Masquer […]

記事を読む

植林プロジェクトと提携したボドゲの発売日が確定したようで

昨年、自分たちのゲームが1本売れる度に樹木を植えるプロジェクト【Trees for the Future】と提携した『ThunderGryph Games』というゲーム会社。 そのときキックスターターで資金を募っていたゲ […]

記事を読む

来年、D&Dを遊んでみるために。

正直な話 ……… …… … 他の人が楽しそうに「こうやって遊んでるんだ!」的な話はよく聞いてはいたものの、ダンジョンズ&ドラゴンズで遊んだことが一度も無い。 TRPGのコンペンションに参加していた頃も、D&Dの […]

記事を読む