居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

SENSHIって本当に戦士なのね!?

PCの環境をリカバリーしている間に1記事。

2018年5月にArcane Wondersという会社から「SENSHI-戦士-」というタイトルのボードゲームが発売されるとのことです。パッケージがカッコイイ(まずはここから)
ONITAMAもどこかで見かけたような気がするのですが……はて??

ゲームの世界観的には、プレイヤー達はとある寺院で次の師範代になることを望んでいる戦う僧侶「戦士」となります。病気で弱っている師範代の跡取りになるべく、プレイヤー達は「力」「敏」「知」「誉」を鍛錬(タイルを収拾)しなければいけません。
手番時に出来ることは次の3つから1つだけ。

  • 勉強:場のプールからタイル(4色のどれか)を1枚獲得し、キャラカードに配置(Max3枚まで配置できる)
  • 訓練:場のプールか自分を含めたプレイヤーのキャラカードに配置されているタイルを1枚取って手持ちにする
  • 試験:手持ちのタイルを1枚得点エリアに置く。全員はキャラカード上の同じ色のタイルを得点エリアへ移動させる

最初に、どの色のタイルでも良いので所持数が一番少ないタイル所持プレイヤーが脱落し、残ったプレイヤーの中でどの色でも良いから一番所持数が多いプレイヤーの勝利となる。同数だった場合はタイルの総所持数で勝者が決まるようです。

うーん、なんとなくプレイイメージが湧いたような……わかないような(笑)
戦士というからにはファンタジーっぽいのを想像していましたが、まさかの「僧兵」という……。
Arcanewondersの製品ページにてルルブがダウンロードできるようなので、誰か真のルールを教えてくださいm(_ _)m

14歳以上の2〜4人のプレイヤーで、1プレイは15分程度とのこと。


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

スパイクとロックマン!?

やー、動揺した……動揺した。 嬉しい動揺だったらウェルカムなんですが、そんなことは微塵もありません。 Bungieよりも先に、血のバレンタインをリアルで体験するハメになるとは(Bungieのは決して血ではない) シャック […]

記事を読む

居眠りは焼け野原になってしまいました。

忘れもしない4/29。 この間読了をした『Bring That Beat Back』を遊ぶ参考に……とも思ってお知らせをもらったイベントから戻ってきた次の日。 バックアップやここ10年ぐらいの創作データも含め、PCがクラ […]

記事を読む

そこは協力しましょうよ、お姫様たち

つかの間の晴れ日。 洗濯をしつつ、今週海の向こうで発売されるボドゲやらTRPGのPDFの販売表を眺めていたら面白そうなのを見つけました。 一見ガイスターっぽい(将棋とかチェスっぽい)のかと思ったら、そうではないようです。 […]

記事を読む