居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

お、インスタ映えか?

体調の悪さは落ち着いたものの、機嫌がやや悪い今日この頃。
そらぁ、5分程度の「ボク達何もやってまてん」という話を聞くために始発にのって○時間とか移動したら
フンガーとなりますよね?
夜の用事な前に色々と物色したかったのですが、諸々定休日だったという悲しい日でした。

さてさて。

今週、海の向こうで発売されることになるボードゲーム一覧の中にインスタ映えするような……もしくは「ミープルさん、何してんすか!?」と言いたくなるようなゲームを見つけたので、さっくりとメモメモ。

タイトルは「ミープル・サーカス」と言います。タイトルとこのパッケージを見て頂くと、なんとなくゲーム性が見えて来ると思いませんか?

公式サイトからの概要
本作には1つの目標しか存在しません。
「観客を楽しませよう!!」
厳しい競争の中、あなたは信じられない程のアクロバティックな行動を提案していくことでとても素晴らしいサーカスを創り出せるでしょう。
アクロバット器具、馬、および多くのアクセサリーを自由に使用してあなたは自分の場の前にあるサーカス城で最高のショーをみせてやりましょう。良いリハーサルの後にサーカス音楽がなったら、目の前でそれをすべて再現します。

本作は、カードやタイルがセットアップされたときにすべてのゲーマーが何を目指すのかを決める事になる悩ましいゲームです。さぁ、あなただけのサーカス団を再現すべくミープルを積み上げましょう。


※ 画像はBoardgameGeek様より引用しています。

協力して一つの場にミープル達を積み上げて行くのではなく、自分の目の前に場があってそこでカードに示された得点方法を多く達成するためにミープルを積み上げるようです。しかも、ハプニングや増員などのイベントタイルもあるようです。説明のプレイ動画を見る感じでは、どうも音楽がなり終わるまでという制限時間も設けられているようです。
リハーサルをさせてくれるのは良心的?

8歳以上の2〜5人のプレイヤーで遊べて、1ゲームに45分以上掛かります。

プレイレビューをサッと目に通すと、初見プレイインスト込みで1時間は軽く超えてしまった様です。
制限時間が設けられているとはいえ、ゲーム終了条件を満たすために結構な勝利点を稼がないといけないのかも?
でも、是非自分で積み上げてインスタにアップしたいですね(笑)

ひとまず、どこかで取り扱わないものか……(定型文)

カテゴリー・関連記事

居眠りは焼け野原になってしまいました。

忘れもしない4/29。 この間読了をした『Bring That Beat Back』を遊ぶ参考に……とも思ってお知らせをもらったイベントから戻ってきた次の日。 バックアップやここ10年ぐらいの創作データも含め、PCがクラ […]

記事を読む

ついに精神がループした!!

3月も……気づけばもう終わり。 もっと遊んだり、調べ物をしたかったところではありますが……4月も引き続き 頑張って企んでいこうと思います。 さてさて、別所で使うかな~と思っていたものが特に使うことも無くなったので 書いて […]

記事を読む

2018年ボドゲ初め

何だかんだと去年もそんなにアナログゲームで遊べていなかった私。 今年はもう少し遊べたらと思って、レッツGOフローチャート。 ……その前に中野ブロードウェイへ。 まんだらけのアメコミ棚を眺めていたら、もう「ウィッチャー」が […]

記事を読む