居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

日本モチーフのボドゲは何故白背景?

※どうやら、これはトリテっぽい。

キックスターターが無事に成功し、2017年にリリースされたA-gamesの「SAKURA」が今月店舗への入荷が始まったようです(日本の話ではありません)
ルールは製品サイト上でも公開中。日本モチーフなら日本語を是非欲しいっす!!
ルール自体はそんなに難しそうではないので、是非春に向けてどこか取り合ってくれないものか。

でも、どうして日本モチーフのボドゲって向こうの人が創ると背景が白いことが多いんでしょうね?
デザイナーさんの趣向なのでしょうか??
それとも国旗を参考にしてるとか? なら、赤い丸も入るか……。

◎ ゲームの設定
毎年、春には日本全国に桜が咲き誇ります。日本人は、この時代、富士山の女神である古名咲夜の伝承(このときに散った花を再び復活させる)に従って、この時を祝います。桜の花は活力の象徴であり、サクラの祝いと呼ばれています。

◎ ゲームの概要
プレイヤーは場にある陰陽カード左右に、毎手番1枚ずつ計2枚の手札を場に出します。
予め出ているカードの色に合った「白側」なら場のカード以上の数値、「黒側」なら場のカード以下の数値を出す必要があります。

+ 同じ数字を出す場合は色を変えることも可能。
+ 数字はループできる。1の次に13、13の次に1を出せる。

手札を2枚出したら、持っている所持金を使ってキャラクターを雇って特殊能力を使えます。キャラクターは1回使い切り。1列に並んでいるキャラクターは左端から1金、2金、3金、4金、5金で雇えます。6金で場に出ているキャラクターをすべて入れ替えられます。

キャラクターを雇ってでも手札を2枚場に出せない場合、場のトリックを取得します。その際にカードに記載されたお金とシュリケン(マイナス点)を得て、手札から新しいカードを1枚出します。

全員の手札が残り2枚になったところでラウンドが終了。お金は次のラウンドに持ち越されます。
3ラウンド終わった時点で、シュリケンを一番持っていないプレイヤーが神様を大いに祝うことがプレイヤーとして賞賛されます。

—-

ルール的にはトリックテイキングゲームだけど、トリックを取るタイミングが何だか面白いです。
しかし、祝い事のはずなのに……何故にマイナス点がシュリケンかっ!!
キャラ絵はカッコイイんだけど、祝い事ですよ、祝い事ですから!?


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

ちょっと、ミープルに何してんすか!?

海の向こうには「Tiny Epic」というポケットサイズのゲームシリーズがあるそうで。 2018年10月〜12月にゾンビサバイバルネタの「Tiny Epic」というタイトルがリリース予定であることが発表された。 iCv2 […]

記事を読む

ロゴとヘッダー画像を追加してみました。

何かのネタではなく、ここまで何もレイアウトをしてこなかった自分のブログ用に(笑) 一度サイトを真っ白にしてやり直しているわけですが、どーにもこうにもデザインが思い浮かばない。 とあるサイトで使ってみたレスポンシブWebデ […]

記事を読む

図書館でボードゲームとな?

「図書館でボードゲーム」という試みが何だか気になり、人に説明できないもどかしさも相まって調べてみることに。 この運動の発端は米国図書館協会が「図書館でゲームを。」という呼びかけを始めたことによる。 2008年から毎年11 […]

記事を読む