居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

2018年LoopBGM初め

2018年のLoopBGM初め。
ACIDMusicStudioは1998年に初めてアプリケーションとして発売された「ループシーケンサー」で、長くて数秒の音素材を並べたり重ねたりすることで途切れる事の無いループ再生を目的としたBGMだったり、既存CDのリミックスだったりあれやこれやと創れる優れもの。
今のバージョンは10だったはずです。

+ BPMを合わせる
+ 各曲1パートは同じものを使う(上手くMixできているように思わせたいため)
+ プロの組んだACIDLOOPを参考にする
+ ボイスアクター「ヤワン」さんからご提供いただいた素材をありがたく使う

これが今のところのルールです。
少し前はDESTINYというFPSゲームのモンタージュクリップにも合わせていたのですが、プレイ時間が減って腕が鈍っているので見合わせ中。
何か変わりになる映像は無いものかと、ちょっと考えているところです。
(まぁ、頑張って練習しろやーって話なのかもしれませんが……)

今年は、音楽のことももう少し調べながら、LoopBGMの活用法を探って行きたいと思います。


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

設定が消えたのか戻ったのか?

3月、4月は幸か不幸か色々な案件が重なっていたこともあって、LoopBGM創りを注力していなかったらSoundCloudの仕様が変更されていたのに気づかず、曲データとジャケット写真などが一時的に分離してしまう事態に。 ま […]

記事を読む

LARPルールの世界観→TRPG化ヘ

WorldofDarkness(Wod)やChroniclesofDarkness(旧nwod)のパブリッシャーであるONYX PATHPUBLISHINGが、ポストアポカリプス&ゾンビパニックが主テーマのLA […]

記事を読む

スパイクとロックマン!?

やー、動揺した……動揺した。 嬉しい動揺だったらウェルカムなんですが、そんなことは微塵もありません。 Bungieよりも先に、血のバレンタインをリアルで体験するハメになるとは(Bungieのは決して血ではない) シャック […]

記事を読む