居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

SCYTHE-大鎌戦役-の最終拡張の概要が発表されたり

1/2、SCYTHEの最終拡張「THE RISE OF FENRIS」の概要が発表されました。発売予定は2018年10月〜12月での発売を予定しているそうです。

本作は、その前にリリースされている拡張と完全に互換性があり、世界設定は基本セットと変わりません。ゲームシステムは「レガシースタイル」を参考にしており、1つのモジュールは8つの部品で成り立っており、11のモジュールから成り立つキャンペーンスタイルとなっています。また、モジュール1つ1つは独立したシナリオで遊ぶことも可能です。

コンポーネントには13種のミニチュア、62個のトークン、2個のカスタムダイス、5枚のタイル、100個以上の厚紙トークン、エピソードガイドが同梱されることになります。

是非、その前の拡張も含めて翻訳してほしいゲームです。


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

2/24の週に気になったこれそれ

@Alice_jem 他のPCと意思疎通が取れず、一方的にゴシップネタをキャラに投げつけ、出入りするキャラを物理運搬(おんぶ、紐列車など)し、会場内の死者を回収して回る……それが列車!(w posted at 18:03 […]

記事を読む

曉旦の季節が始まりました

タイトルの感じが違うと思うけど、DESTENY2の期間限定イベントの話。 うーむ、やることが増えるのは良いのだけどもう少しストーリーポイものも足して欲しいなぁ。 贈り物を作るんだから、イコラのところに集約するんじゃなくね […]

記事を読む

タリスマンって35周年だったのか。…他

タリスマンというタイトルのボードゲームは、ルーンバウンド同様に遊んでみたいとは思っていても中々遊ぶ機会に恵まれなかったゲームです (1プレイ240分でしたっけ? まぁ、腰を据えた単独ゲーム会がないと……Orz)。 「タリ […]

記事を読む