居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

SCYTHE-大鎌戦役-の最終拡張の概要が発表されたり

1/2、SCYTHEの最終拡張「THE RISE OF FENRIS」の概要が発表されました。発売予定は2018年10月〜12月での発売を予定しているそうです。

本作は、その前にリリースされている拡張と完全に互換性があり、世界設定は基本セットと変わりません。ゲームシステムは「レガシースタイル」を参考にしており、1つのモジュールは8つの部品で成り立っており、11のモジュールから成り立つキャンペーンスタイルとなっています。また、モジュール1つ1つは独立したシナリオで遊ぶことも可能です。

コンポーネントには13種のミニチュア、62個のトークン、2個のカスタムダイス、5枚のタイル、100個以上の厚紙トークン、エピソードガイドが同梱されることになります。

是非、その前の拡張も含めて翻訳してほしいゲームです。


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

夏にシャドウラン、冬にバトルテック、日本には?

ホビージャパンさんが、ついに 【新製品案内】本日ポストアポカリプステーマのデジタルゲーム原作の『フォールアウト ボードゲーム』日本語版の案内を各取引先様に送付いたしました。原作を再現する、膨大なテキスト量のカードが圧巻! […]

記事を読む

昆布巻きってさ。

お正月料理の中で代表的な1品として「昆布巻き」ってあると思うんですよ。 さて、昆布巻きと聞いて……これを見かけた人は巻かれている具は何を想像されます? 鮭の切り身? にしん? Wikipediaは身欠きニシンなんですね。 […]

記事を読む

何もしていないということは?

自分のブログでこのタイトルを付けるときは大概DESTINY2かDIVISIONに明け暮れているんですが、今回は違います。 たびたびTwitterでぼやいていた『LARPJam』をほぼほぼ読み終えて、自分なりのドキュメント […]

記事を読む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です