居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

はっ、そのロゴはガープス!?

元記事はこちら

何か見た事があるロゴをバックに映っている画像……もしやガープス!?
と思ったら、この人がスティーブ・ジャクソンとのこと。なんだかお茶目そうなおz(ry

ニュースになっているのはGURPSを制作する前に出版していたRPG「THE FANTASY TRIP」シリーズの版権を取り戻したとのこと。特にルールの変更はないものの、新しい形でリリースしたいらしい。でも、リリーススケジュールは未定。

基本的にはソロプレイで、『Melee』と『Wizard』というモジュールを導入することで基本的な戦闘と魔法のルールが加わり、『Gamemasters』『Advanced Melee』『Advanced Wizard』というモジュールを導入するとTRPGになるとのこと。何だかファイティングファンタジーにも似ているような? 確かに、分冊されているスタイルはD&Dとも共通点があるかもしれない。

「THE FANTASY TRIP」はキャラクター生成のためのポイントで能力値を買っていく制度を導入した作品で、これがのちのGURPSのキャラメイクにも活かされているとのこと。

2018年にもしも販売されることがあれば、リバイバルイヤー(と勝手に命名してますが)としての印象がまた強まるのでは?


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

居眠りは焼け野原になってしまいました。

忘れもしない4/29。 この間読了をした『Bring That Beat Back』を遊ぶ参考に……とも思ってお知らせをもらったイベントから戻ってきた次の日。 バックアップやここ10年ぐらいの創作データも含め、PCがクラ […]

記事を読む

今年、D&Dで遊ぶためにって思ったら!?

事件はツイッター上で起こっていました。 「ベーシックルール」につきまして多数ご要望をいただいておりますが、この掲載権を当社が保有していない事が分かり、今週中に一旦取り下げさせていただきます。現在改めて版元と交渉しておりま […]

記事を読む

意欲作だったらしい、ゲームブック?

『全員で1冊のゲームブックを遊ぶようなゲームスタイルがあると良いよねぇ』 という話題が私が見ているTL上ではありました。レガシーシステムや協力ゲームが盛り上がったときにその話題にもなったんだと思います。あとはFall o […]

記事を読む