居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

はっ、そのロゴはガープス!?

元記事はこちら

何か見た事があるロゴをバックに映っている画像……もしやガープス!?
と思ったら、この人がスティーブ・ジャクソンとのこと。なんだかお茶目そうなおz(ry

ニュースになっているのはGURPSを制作する前に出版していたRPG「THE FANTASY TRIP」シリーズの版権を取り戻したとのこと。特にルールの変更はないものの、新しい形でリリースしたいらしい。でも、リリーススケジュールは未定。

基本的にはソロプレイで、『Melee』と『Wizard』というモジュールを導入することで基本的な戦闘と魔法のルールが加わり、『Gamemasters』『Advanced Melee』『Advanced Wizard』というモジュールを導入するとTRPGになるとのこと。何だかファイティングファンタジーにも似ているような? 確かに、分冊されているスタイルはD&Dとも共通点があるかもしれない。

「THE FANTASY TRIP」はキャラクター生成のためのポイントで能力値を買っていく制度を導入した作品で、これがのちのGURPSのキャラメイクにも活かされているとのこと。

2018年にもしも販売されることがあれば、リバイバルイヤー(と勝手に命名してますが)としての印象がまた強まるのでは?


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

言われてみれば、確かに

(この内容は個人的な推論のみで、ちょーてきとうに書かれています) ファンタジー系のウォー・ゲームって見かけない気がする。 海外TRPG系のPDF販売「DriveThruRPG.com」のサイトに良く似ているウォー・ゲーム […]

記事を読む

立体的なゲームは良いよねっ!!

すっかりなっている今日この頃。金曜日に変な無茶をしたのが見事に祟ってしまいました。 まぁ、そんなこともあります。 先週、海の向こうではセンチュリー:スパイスロードの拡張「センチュリー:イースタンワンダーズ」が発売となりま […]

記事を読む

拡張がこれで終わったと……

日本でもいよいよ発売された、サイズの拡張3部作の最終章『サイズ -大鎌戦役- 拡張 フェンリス襲来』。当初はこれでサイズは完結されるんじゃないか?的なことが言われていました。 だが、しかし! ファンが考えた(?)カード効 […]

記事を読む