居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

はっ、そのロゴはガープス!?

元記事はこちら

何か見た事があるロゴをバックに映っている画像……もしやガープス!?
と思ったら、この人がスティーブ・ジャクソンとのこと。なんだかお茶目そうなおz(ry

ニュースになっているのはGURPSを制作する前に出版していたRPG「THE FANTASY TRIP」シリーズの版権を取り戻したとのこと。特にルールの変更はないものの、新しい形でリリースしたいらしい。でも、リリーススケジュールは未定。

基本的にはソロプレイで、『Melee』と『Wizard』というモジュールを導入することで基本的な戦闘と魔法のルールが加わり、『Gamemasters』『Advanced Melee』『Advanced Wizard』というモジュールを導入するとTRPGになるとのこと。何だかファイティングファンタジーにも似ているような? 確かに、分冊されているスタイルはD&Dとも共通点があるかもしれない。

「THE FANTASY TRIP」はキャラクター生成のためのポイントで能力値を買っていく制度を導入した作品で、これがのちのGURPSのキャラメイクにも活かされているとのこと。

2018年にもしも販売されることがあれば、リバイバルイヤー(と勝手に命名してますが)としての印象がまた強まるのでは?


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

LARPルールの世界観→TRPG化ヘ

WorldofDarkness(Wod)やChroniclesofDarkness(旧nwod)のパブリッシャーであるONYX PATHPUBLISHINGが、ポストアポカリプス&ゾンビパニックが主テーマのLA […]

記事を読む

バーサーカーと言えば……

オルソン君ですね?(年齢がバレそう) 「ロードス島戦記とその時代 黎明期角川メディアミックス証言集」が欲しいのですが、出向先の本屋さんでは売ってなく ……… …… … 住んでいるところの近くにある本屋さんがリニューアルオ […]

記事を読む

このスーパーヒーローはサイコロ1つで解決します。

※ TRPGの話です。 D&Dのようにガッチリとキャラクターを作り込み、キャンペーンを経て成長させるのもやりがいがあります。 ですが、もっと簡単で素早く、マルチバースにも対応できるようなロールプレイングゲームと […]

記事を読む