居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

禁書の季節になったそうです。

オンセではすっかりカワリモノなルールばかりをしていましたが、年末になってようやく国内の新作TRPG『ブラインド・ミトスTRPG』を遊ぶことができました。

力ある書物――「禁書」と、それが引き起こす事件に対抗するキャラクターたちの活躍を描くTRPGです。
プレイヤーは、〝禁書使い〟と呼ばれる、「禁書」を持つ存在となり、さまざまな「禁書」が引き起こす、不可思議な事件を解決するために活躍することになります。

この禁書、キャラクターが使う場合は何の害はないのかというとそんなことはない。自分達の思い出を失ったり改竄されるリスクを背負いながら戦っていきます。

ルールに複雑さはなく、ゲームシステム全体を通して「禁書やべーぜ!」感が表現されています。

ヒーローポイントとなる部分で実際の本が使用されるのも大きな特徴。何だか現実でも禁書を使っているんじゃないかというゲームへの引き込みもバッチリ。

TRPGのルルブは禁書ですね(*´・ω・`)b

カテゴリー・関連記事

で、電波。電波がないと!!?

せっかくのCOEDOの生樽を飲み損ねて、ややしょんぼりしている週初め(笑) まぁ、違う変わり種ビールを飲めたのでよかったのですが……。 やはり、今年は「思ったら即行動」を実践しないと、良いことがまるでないな。 &#821 […]

記事を読む

このパズル方式は見覚えが!

先日『傭兵隊長』の新バージョンを発表したZ-Man Gamesから面白そうなファミリー向けゲームが販売されるそうです。 ゲームタイトルは『MESOZOOIC』。過去から呼び寄せた恐竜を使ったテーマパークを運営する“リアル […]

記事を読む

何、この音ゲー × ボドゲ

明日用に何かネタを拾ってから寝ようと思ったのが、そもそもの間違い(笑) まずは、TPRG。以前書いた記事の中に ◎GENESYS SYSTEM – セールスポイントは革新的なストーリーダイスシステム – スターウォーズT […]

記事を読む