居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

言われてみれば、確かに

(この内容は個人的な推論のみで、ちょーてきとうに書かれています)

ファンタジー系のウォー・ゲームって見かけない気がする。
海外TRPG系のPDF販売「DriveThruRPG.com」のサイトに良く似ているウォー・ゲーム用の
販売サイト上で検索してみると、つい最近もサプリは出ているようなのですが
どちらかというとタイルゲームというミニチュアゲームに近い印象があった。

どうむ、昔出版されている本の中にウォーゲームというカテゴリーは卓上戦略・歴史……あと何かの再現を目指したもので(もちろんIFな内容もあるが)、ファンタジーはそこまで浸透しなかったらしい。
その結果が、ミニチュアゲームへの派生なのではないか?と考えた。

こういうのを次の雑誌のネタにするのは面白いかもしれない。

カテゴリー・関連記事

こういうパッケージに弱いのかぁ。

と、つくづく思う今日この頃。 リリース情報を眺めていて、ふと目に留まったのはStarling Gamesが2018年10月〜12月に発売予定と発表した 「Everdell」というワーカープレイスメントゲーム。 1人〜4人 […]

記事を読む

映画原作のボドゲといえば

色々とGENCONの情報が飛び交う中、9月にMondo Gamesが対戦型デッキ構築ゲーム 「ファイトクラブ」 をリリースするとの発表がありました。 ファイトクラブ……知る人は知るエドワードノートンとブラッドピットが出演 […]

記事を読む

日本モチーフのボドゲは何故白背景?

※どうやら、これはトリテっぽい。 キックスターターが無事に成功し、2017年にリリースされたA-gamesの「SAKURA」が今月店舗への入荷が始まったようです(日本の話ではありません) ルールは製品サイト上でも公開中。 […]

記事を読む