居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

言われてみれば、確かに

(この内容は個人的な推論のみで、ちょーてきとうに書かれています)

ファンタジー系のウォー・ゲームって見かけない気がする。
海外TRPG系のPDF販売「DriveThruRPG.com」のサイトに良く似ているウォー・ゲーム用の
販売サイト上で検索してみると、つい最近もサプリは出ているようなのですが
どちらかというとタイルゲームというミニチュアゲームに近い印象があった。

どうむ、昔出版されている本の中にウォーゲームというカテゴリーは卓上戦略・歴史……あと何かの再現を目指したもので(もちろんIFな内容もあるが)、ファンタジーはそこまで浸透しなかったらしい。
その結果が、ミニチュアゲームへの派生なのではないか?と考えた。

こういうのを次の雑誌のネタにするのは面白いかもしれない。

カテゴリー・関連記事

2018年、クトゥルフはダイスタワーにまで

やっぱり、LoopBGMの記事だけだと振り向いてもらえないなーと溜め息を漏らしつつボードゲームの情報を探していると ……… …… … 見つけましたよ、狂気なヤツを(笑) その名も、「狂気の塔」。見た目のインパクトが凄いで […]

記事を読む

Bloodborneのボドゲはすでに発売されていた!?

てっきり、ダークソウルのボードゲームの方が早いのかと思ったら。 カードゲームという形ですでに「Bloodborne」の方は発売されていました。 あなたの運命は聖杯の迷宮で試される。それは栄光か死か? PS4の大ヒットビデ […]

記事を読む

植林プロジェクトと提携したボドゲの発売日が確定したようで

昨年、自分たちのゲームが1本売れる度に樹木を植えるプロジェクト【Trees for the Future】と提携した『ThunderGryph Games』というゲーム会社。 そのときキックスターターで資金を募っていたゲ […]

記事を読む