居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

Masque of the Red Death?

「赤死病の仮面」というボードゲームがアメリカの方で出るらしい。
もともと、これには原作があるようで国内に「赤死病」が蔓延する中、病を逃れて臣下とともに城砦に閉じこもり饗宴に耽る王に、不意に現れた謎めいた仮面の人物によって死がもたらされるまでを描いたゴシック風の恐怖小説。

ゲームの方もこの内容を踏襲しているようで、プレイヤーは「赤死病」が蔓延するなか、城砦に閉じこもり饗宴に耽る王に自分が有利になるよう懇願する貴族達となります。王を酔いどらせるのもよし、仮面の人物がどの部屋に訪れるかを調べたりなど色々と終了条件があるようです。

2人〜7人向けで、対象年齢は12歳以上、1プレイ45分程度。

カテゴリー・関連記事

図書館でボードゲームとな?

「図書館でボードゲーム」という試みが何だか気になり、人に説明できないもどかしさも相まって調べてみることに。 この運動の発端は米国図書館協会が「図書館でゲームを。」という呼びかけを始めたことによる。 2008年から毎年11 […]

記事を読む

シャーロックホームズの探偵講座?

「シャーロックホームズの探偵講座」は【シャーロック・ホームズ 10の怪事件】を原作とした1991年に発売されたコンピュータゲームで、1985年のドイツ年間ゲーム賞受賞作と原題が一緒という謎な事に。 ちなみに原題は『She […]

記事を読む

何、この音ゲー × ボドゲ

明日用に何かネタを拾ってから寝ようと思ったのが、そもそもの間違い(笑) まずは、TPRG。以前書いた記事の中に ◎GENESYS SYSTEM – セールスポイントは革新的なストーリーダイスシステム – スターウォーズT […]

記事を読む