居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

Masque of the Red Death?

「赤死病の仮面」というボードゲームがアメリカの方で出るらしい。
もともと、これには原作があるようで国内に「赤死病」が蔓延する中、病を逃れて臣下とともに城砦に閉じこもり饗宴に耽る王に、不意に現れた謎めいた仮面の人物によって死がもたらされるまでを描いたゴシック風の恐怖小説。

ゲームの方もこの内容を踏襲しているようで、プレイヤーは「赤死病」が蔓延するなか、城砦に閉じこもり饗宴に耽る王に自分が有利になるよう懇願する貴族達となります。王を酔いどらせるのもよし、仮面の人物がどの部屋に訪れるかを調べたりなど色々と終了条件があるようです。

2人〜7人向けで、対象年齢は12歳以上、1プレイ45分程度。

カテゴリー・関連記事

嗅覚の○○○を見かけましたが

【気になるを更新】今回気になったのは、視覚情報を遮断して触覚を信じて殺人狂から逃げる協力ゲーム。DBDみたいな設定も良いんじゃないかと #ボドゲ #未訳 #エッセンにて予約販売

記事を読む

このパズル方式は見覚えが!

先日『傭兵隊長』の新バージョンを発表したZ-Man Gamesから面白そうなファミリー向けゲームが販売されるそうです。 ゲームタイトルは『MESOZOOIC』。過去から呼び寄せた恐竜を使ったテーマパークを運営する“リアル […]

記事を読む

植林プロジェクトと提携したボドゲの発売日が確定したようで

昨年、自分たちのゲームが1本売れる度に樹木を植えるプロジェクト【Trees for the Future】と提携した『ThunderGryph Games』というゲーム会社。 そのときキックスターターで資金を募っていたゲ […]

記事を読む