居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

募集内容の話をしよう(CTHULHU FES2019編)

もちろん、11月も12月も……ファシリテーターとして引き続き遊び続けます。
まずは、CTHULHU FES2019様(https://cthulhufes2019.webnode.jp/)。ファシリテーターとしてスタートを切ったイベントで、再びゲームを回すことになりました。
ゲームは『WELCOME GUESTS』……。なのですが、CTHULHU FES限定版としてクトゥルフ神話の世界観 + 追加ルールで遊ぶ特別版

【死食教典儀の灰の上で】

となります。Twiplaにて募集を立てますが、まず募集文を考えるためにも自分の中の文章をアウトプットしておこうという魂胆です。

新たに男性版のヴィジュアルを用意してみました。書籍を燃やす写真素材とかあるんですねぇ。

内容

今回の作品は18世紀に存在したイギリスの秘密結社「ヘルファイアクラブ」が本当に悪魔崇拝を実践してしまったクトゥルフ神話の世界観。クラブは閉鎖され、主催者は身柄を拘束される前に国外逃亡する。そして最後の地として亡命先へ選んだのは日本だった。彼が持ち込んだモノは、いたってシンプルな装丁の本一冊。だが、それは発禁処分が下された後に出版された死食教典儀の削除版だった。

削除版は主催者の身元を引き受けてくれた一族に贈られることとなるが、彼らの呪術の知識は予想以上のものであり、ついには不完全な恩恵をその身に宿す【食人鬼】となった。

恩恵の代償を支払うべく、あなたたちは今宵も【ゲスト】を招き入れることとなる。

大事なことI(何を楽しむゲームなのか?)


キャラクターになりきって会話をし、雰囲気を楽しみながら積み上げられた物語を堪能する。

勝敗を決めるゲームではありません。あくまでも雰囲気・キャラクターになる体験を楽しむゲームです。クトゥルフ神話に対する知識量で有利・不利は生まれません。

大事なことII

【ゲスト】をおもてなしする一環として、食べてもOK・小道具としても利用できるお菓子をご用意しております。キャラクターになる手立てとしてご活用ください。

参加申し込み資格

事前にCTHULHU FESの入場チケットを必ずご購入いただく必要があります。
ゲームを遊ぶための追加費用はありませんので、お気軽にお申込みをご検討ください(https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/011bzj10ktd99.html)。

フェスでは14時の回と16時の回の2回を回す予定です。11/7よりプレイヤー募集を開始しております(追記)

1回目のプレイヤー募集(定員6名)

https://twipla.jp/events/418416

2回目のプレイヤー募集(定員6名)

https://twipla.jp/events/418419

実はこれで、終わりじゃありません。今回、【死食教典儀の灰の上で】の参加者全員にラブクラフティアン・手紙ホラーLARP

【インスマスの論文】

のテストキットを配らせていただきます。

アイコンを考える前に作ったメインビジュアル。WGのようにアイコンを考えねば。

手紙LARPってなに?

『自分が演じるキャラクターを身体ではなく、文字を使って表現するゲーム』日本ではPBMと言うことになるでしょう。ですが、スウェーデンはこの遊び方はLARPにカテゴライズされて、本日まで運用されています。この遊びも

ゲーム < 物語・体験

です。コマンドも物語を分岐させる選択肢も、物語を執筆してくれるライターもいません。『参加者がキャラクターとなって、遭遇した不可解な出来事を知人に知らせるために筆を取る』遊びです。 クトゥルフホラー作品に登場するような手記や手紙などの“手書きによる伝達”を実体験するわけです。
(プレイイメージが掴めない場合は、Twitterで「#仮想文通」タグをご検索ください)
大変申し訳ありませんが、テストキットのWeb配布は予定しておりません。

カテゴリー・関連記事

脱稿か? 最終校正か!?

ようやくちょっと落ち着いた気がするので、ややノンビリと海外のTRPGニュースを眺めていたら – + – + – + – + – Witcher TRPGの原稿が […]

記事を読む

書く正気度が戻ってきました

フローチャート様で4/11に開催させていただいた「TASTE」試験体験会も無事に乗り切ったら、自身の正気度が枯れました(笑) 今回もプレイヤーさん達のロールプレイと、美味しいフードに助けられている状態です。 どんなお話に […]

記事を読む

まるで吸血鬼になったかのように

LARPの事を他の人から少し機会があるときに、大概「海外のLARPは複雑」「ルルブを片手間に見れないので複雑かつ多すぎる項目は覚えていられない」「日本人向けにアレンジした」という3点のご意見が大概セットで付いて来た。 最 […]

記事を読む