居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

手紙LARPしませんか?

なんと、5月は1回もブログを更新してませんでした(反省
3月から始めていた新しい仕事やゲムマに右往左往してましたが
………
……

あれぇ??

DESTINY2したり、仕事したり、サイトへ掲載許可をもらってないLARP系文書をこっそり粗訳したり、DESTINY2したり、仕事したり、久しぶりにモンタージュクリップを作ったり、DESTINY2をしたr……ハッハッハ(w

今年に入ってから2回もSoundCloudの容量整理をしたので、ただYouTubeにアーカイブするのも味気ないのでDESTINY2のモンタージュ作成を再開しました。それに伴い『居眠りの街』名義のチャンネルも作成してみたりして。ゆーちゅーばーへの道のりは遠いなぁ(そんなつもりは毛頭ありませんが…笑)

さて、ここからが本題。

味覚の次は、何で遊ぼうかと言うと?

私がGMとして提供させていただいている、味覚を使ったホラーLARP『TASTE』(https://cityofdaze.net/taste/)。
あえてテーブルトークRPGのように卓上で物語が進むようにしているのは、“自分の身体を使って直接キャラクターを表現するという楽しさ”を体験して欲しいし、編集の隅っこで携わっている『オールゲーマーズ』の基本コンセプトのように多種に細分化されているゲームユーザーへ「遊びの選択肢としてチラッとでも体験して欲しい」という願望があります。

味覚を使って物語を創るという選択肢の準備は、現在進行形で進んでいます。
では、その次は?

私がTASTEのテストプレイをしながら『視覚』を使いたいと考えていました。TASTEで遊ぶため毎回テーブルに「見立てのレイアウト」を施していました。でもGMの用意だけでは限りがあります。どーしたもんかなぁ?と思っていたところ木場(@84fangs)さんがWEBLARPのテストプレイを始めたりしていて

「あー。みなさん、文字だけのロールプレイいけるクチですな。文字だけといえば手紙を使った200WordRPGがあったな」

と思っていました。

そしてRootA(@Y_R_I_S)さんが「手紙LARP」と呟いていたことがあって試しに検索してみたところ

こんな結果となりました。しかも、たまに情報をつまみ食いしている海外のLARPフォーラムにタイミングよく【Lovecraftian letter larp】なんて文言を見つけてしまったので飛びつくことに(笑

元ドキュメントはクリエイティブコモンズ下で公開されていましたが、念のため英語の読み書きができる知人に協力してもらってコンタクトを取ってみることに。
「別に連絡くれなくても良かったのに(笑 」
とのことでした。
………
……

あ、はい。

でも、ちょっとした情報交換もできたし、心置きなく粗訳も公開できるし、収穫はかなりありました。
このルールの粗訳版を公開するということは、手紙LARPをやってみたいと考えています。

そもそも、手紙LARPとは?

『自分が演じるキャラクターを身体ではなく、文字を使って表現するゲーム』日本ではPBMと言うことになるでしょう。ですが、スウェーデンはこの遊び方はLARPにカテゴライズされて、本日まで運用されています。
それなら、LARPです。でも正直なところは、そんなカテゴリーを取っ払ってこの遊びに巻き込まれて欲しいです(ワガママ)

もちろん、自分の手で書いた文字以外にも、羽ペンや万年筆、インク、シール、ワックス、もしかしたら手紙に匂いをつけたりと……プレイヤーが凝れば凝るほど、キャラクターが参加者の中に鮮明に現れることになります。

これは小説を書く遊びではありません。キャラクターとして感じた気持ちを手紙へ書き、他者がそれを読んで自分の内側に積み重なっていく物語を楽しむ遊びです。

懐かしく、そして「視覚」をメインに使った新しい遊びにできると思います。

私の企みとしては、オンラインだけもしくは本当に郵送し合うことも含めて2〜3度のテストプレイを行い、その後に本命の改造を施そうと計画中です。最初のテストプレイは、「インスマスの論文」のゲーム製作者がテストプレイを予定している『7/21』開始を目指したいっ!!
あっ、どこで募集しよう!?(おぃっ


そして、本命の改造については……まだ秘密です。まずは手紙LARPの経験値が欲しい!

私の拙い訳ではありますが、ドキュメントはこちらです。なお、このドキュメントに関する苦情は(@Think_cod)へお願いいたします。

手紙LARP『インスマスの論文』ドラフト版ルール(日本語粗訳版)

ドキュメントを表示

カテゴリー・関連記事

電車で往復4時間ぐらい揺られていたので

ここぞとばかりに、仕事をするぞーーーー!!! ではなく、今年気になっているTRPGの1つであるAFF(アドバンスド・ファイティング・ファンタジー)の簡易キャラ作成をしてみることにしました。 このシステム。元々は1984年 […]

記事を読む

フルコンタクト形式ではなくて

私がLARPに興味を持ったのは、神田のデイドリーム様で開催された「【第1回】まるごとLARP体験会 in Daydream」を見学させてもらって以来のこと(とは良く書いてます) その時、ファンタジー系の実践模擬戦闘は時間 […]

記事を読む

前回の続きを少々

なかなか天気も不安定な3月ですが、もう春のお告げ(花粉的なヤツ)を感じられるようになっていましたね。 何か今年に入って、何かにつけて体調を崩しているような気がするので、十分に注意しなければと思っております。 TASTEの […]

記事を読む