居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

書く正気度が戻ってきました

フローチャート様で4/11に開催させていただいた「TASTE」試験体験会も無事に乗り切ったら、自身の正気度が枯れました(笑)
今回もプレイヤーさん達のロールプレイと、美味しいフードに助けられている状態です。

どんなお話になったかは…ネタバレはここではしません。
まぁ、写真はちょっとお見せするとして。あ、一つネタバレすると
ほしくず堂の魔法瓶が良い物語のアクセントを与えてくれました。
レイ君ありがとー!!

ちなみに、エンディングでお出ししたフードは『ハンバーグ』でした。もっと、キーワードの中にハンバーグ的なネタを入れておけば良かったなぁ、と思っております。

3回もテストプレイをしましたが、まだまだまだまだ反省・改善点は多いです。
今回は見学者者、外部スタッフ(撮影担当)といたことで、これまでとは違った視点からのアイディアも頂戴することができました。

プレイヤー様達もLARP経験をされている方が多く、感想戦の内容も聞き逃せないモノが!!
もっと、この世界へ入り込んでもらうためにも改良を続けていきたいと思います。

次の予定もうっすら見えておりますが、まだ調整中です。
さぁ、頑張って改良するぞーーー!!

3月中に見つけていた

LARP関係の記事にブックマークを付けていたヤツを、ようやく読んでメモしようと思います。

仮想通貨とレイヴとのコラボ

それは、音楽ニュースのサイトで見つけたモノでした。本来は、最先端技術力を競うお祭りとレイヴ(音楽パーティ)が合わさった「クリプトレイヴ」というイベントなのですが、今回はレイヴ会場全体でLARPイベントが催される仕様になっていたそうです。
その参加条件が

「アプリをインストールして、11時間、イベント限定の仮想通貨をマイニング(取引データを承認する作業)するためにCPUの一部を提供すること」

こうすることで、秘密の会場までの地図と3日間のイベントで演じることになるキャラクターの設定が貰えたそうでした(プロトコル研究者だったり、生体改造したり、データ記録・追跡だったりとサイバーパンクぽい?)。

実際に参加した人のレポートによれば、会場に到着したらそのキャラクターに合ったAndroid携帯が与えられ、イベント中に自分の携帯は使わないようにと言われたようでした。
携帯の中には、キャラの設定、メールアプリ、仮想通貨アプリ、睡眠追跡サービスなどがインストールされているようでした。

今回のイベントの中核となる物語は【Monero】という仮想通貨誕生に関してのようで、『スノウクラッシュ』のようにサイバーパンク×カルトのような要素も含まれていたんじゃないかとレビューをアップしてくれた人は書いています。

また、キャラクターとしてレイヴを楽しむか物語に積極的に絡むかも選択できるようでした。
今回レビューをアップしてくれた人は、物語へは積極的に絡みに行かなかったようです。
(キャラ設定のところに、物語と絡む場合は、いくつかの名前と手がかりを掘り下げてエージェントに連絡して欲しいと使命も書かれていたそうです)
と、言うのも……この人は仮想通貨を誕生させたハッカーと友人関係だったようで
「友達が殺されなくて良かった」
という感想を残しています。

この人は、イベント2日目のキャラクターをより確立させ、8時間は踊れるよう正式なトレーニングが組み込まれていたワークショップに感動していたようです。
(その中には、呼吸法、霊気、瞑想、舞踏、憑依のような踊りまで含まれていたそうです……霊気?)

  • + – + – + – + – + – + –

一つのイベントで「物語に関わる・関わらない」が選べ、関わらないとしても世界観の演出の一部として機能するというのは興味深い構成だと思いました。

『キャラクターとして集団で音楽を楽しむ』

ってどんな感じなんでしょうね?? ちゃんと、キャラ専用携帯まで持って体験してみたいですねっ!!

私もフェイクニュースが創りたいっ!!

以前見つけた「21世紀のフェイクニュース」LARP。参加レポートを見かけたら真っ先に読もうと思っていたのですが、結構反響が大きかったらしくLARP団体が内容を公開していました。

21ST CENTURY FAKE NEWS

パッと公開されたドキュメントを読んでみた感じ、フィアスコのようなキャラクター間の関係構築ルールが追加され、セッション中は大統領の支持率(人気度)も明示されてエンディングに影響を与えるようです。
元ルールでは決まっていたフェイクニュースのネタとエンディングの投票部分が決められた内容ではなくなりました。
即興性・再演のしやすさも高めているんですね。

そして、実際のニュースを使ってフェイクニュースを創り出そうとするところで政治、軍事紛争、移民、難民問題にも踏み込むかもしれないんだけど……日本だったらどんなニュースが創れそうですかね??
これ、ちょっと遊んでみたいです。

©️ Phantasmal Freeform Co-Op

TwitchでミステリーLARPが配信中

Twitchチャンネル「ScabbyRooster」では、新しいロールプレイングゲームのセッションとしてマーダーミステリーLARPのライブ配信を行なっていました(全4話)

“4人のプレイヤーは、自分が誰であるのか、あるいはどのようにしてそこに着いたのかを思い出せずに部屋にいます。彼らが知っているのは、彼らと一緒に床に死体があるということだけです – そして物事はここから悪化するだけです。”

視聴者はチャット欄で投げ銭(スーパーチャット的な?)をすることで、スモーク演出やキャラクターへの命名権、キャラクターの設定を後付けする権利などが購入できるようです。

★ 第1話(https://www.twitch.tv/videos/394716636?filter=archives&sort=time
★ 第2話(https://www.twitch.tv/videos/401835576?filter=archives&sort=time
★ 第3話(??)
★ 第4話(https://www.twitch.tv/videos/408833430?filter=archives&sort=time

あれ、3話のライブラリーがない??
TwitchにもYouTubeみたいに自動字幕表示機能が付かぬものか(笑)
でも、何言っているかわからなくても映像を見ているだけでも興味深いです。

カテゴリー・関連記事

寄り道は続くよっ!!

ここまで読んだ「NordicLarp(2010)」の中で、文中に登場したLARPタイトルを調べている今日この頃。 その間にもホラー系LARPのシナリオ「Welcome Guests」を購入してみたり、2014年度版の電書 […]

記事を読む

こんなんタイタンフォールやんけっ!!

なかなか情報が集まらずにモヤモヤしている今日この頃。何を探しているのかというと海外のLARP雑誌に関する情報と、日本国内で「Minds Eye Theatre」や「Cthulhu Live」を独自アレンジを施さずに原版の […]

記事を読む

物語以外のLARP?

 冬コミ(コミックマーケット95)にブースを取ったのですが、クリエイティブAHCからの委託だけしてホゲーッとしてようと思ったものの………………(・ω<) てへぺろ ← おいコラ。別のところでアウトプットしようと思っ […]

記事を読む