居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

ちっ、今回はこの身体か。

5月から施行される新元号が発表され、エイプリルフールの波も収まりましたね。 (でも、翌日に提案内容が特定されるあたり……おや?っとは思いましたが)

さて、4月もどうにか始まりました。まずは、11日を目安に頑張るぞー٩( ‘ω’ )و
でも、今日は何か気持ちがフワフワっとしてるなぁ。

気になったことをアレコレ

朝の作業を始める前に、チラチラと情報を眺めていたら気になることがいくつかあったのでブログにメモメモ。

エクリプス・フェイズのおかげで知り……

そして、NetFlixのオリジナルコンテンツにもなっている【オルタード・カーボン】がTRPGとなって、kids on Bikesなどを出しているHunters Entertainmentから2020年に発売されると発表がありました。

リチャード・K・モーガンによるベストセラーの小説に基づいて、アルタードカーボンは、人間の心がデジタル化され、魂自体が義体から義体へ移転可能になった未来への何世紀にもわたって設定されています。100年を余裕で超える長い時間投獄されてきた元エリート星間戦士で犯罪者のTakeshi Kovacsが新たな身体で蘇生されたことから始まる物語で、NetFlix版もシーズン2の制作が決定されました。

どんなシステムになるかなどの発表はありませんが、今年後半からkick starterによる資金集めが開始され、2020年の発売を目指すそうです。デューン・砂の惑星もTRPGされることですし、ここ2〜3年はSF小説のTRPG化が増えるのかもしれませんね。

しかし、フォーラムにもボソッとコメントが書かれていましたが
「エクリプス・フェイズで良くね?」
というのに、少なからず頷きかけてしまいました(笑)

だーれかー、GMしてー。

©️ Hunters Entertainment

コンパクトなチケライ

電車ではなく、タクシーを使って、コンパクトなのにチケライらしさを十二分に発揮した【チケット・トゥ・ライド:ニューヨーク】。同じ系統の作品として、今度は7月に【チケット・トゥ・ライド:ロンドン】が発売されることとなりました。8歳以上の2-4人のプレイヤーがインスト3分、1プレイ15分程度で遊べるようになっているとのことです。
今回の舞台は、ファッションと音楽の中心地と言っても過言ではないない1970年代のロンドン。登場する乗り物は『バス』になります。プレイヤー達はバス路線をつなげ、行き先チケットカードの条件を満たしましょう。

コンポーネントはボードマップ、68枚のプラスチックバス、44枚の交通カード、20枚の行き先チケットカード、1枚のルールチラシ、4枚の得点マーカーを予定しているとのことえす。

©️ daysofwonder

レガシーシステムといえば

そういえば、そろそろ発売されているんじゃないか? と思っていた【街コロ・レガシー】ですが、どうやら発売延期となって8月発売と修正されたようです。
普通の街コロゲームにストーリーが導入され(10編?)、プレイヤー達はゲームに永続的な変更をもたらす決定を下すよう、ストーリーの中で求められることになります。

オリジナル版のデザイナーがしっかり監修に入っているとのことなので、まぁ無茶な展開にはならないのでは??と思っているところです。アートワークもオリジナル版の人なので、リスペクトが高いですねぇ。

日本にも入ってこないかなぁ〜。

カテゴリー・関連記事

LARPルールの世界観→TRPG化ヘ

WorldofDarkness(Wod)やChroniclesofDarkness(旧nwod)のパブリッシャーであるONYX PATHPUBLISHINGが、ポストアポカリプス&ゾンビパニックが主テーマのLA […]

記事を読む

あら、ボドゲにもサバイバルが?

ファンタジー・フライト・ゲームが今年の10月〜12月までに発売するだろうと発表されたのが『Discover:Lands Unknow』 完全新規タイトルのようで、プレイヤー達は荒野で目を覚ます探検家となり、彼らは荒野を探 […]

記事を読む

老兵はとりあえずドーナツを

DESITNY2の新しいシーズンが始まったり、新しい仕事内容に対応したりと、ばーたばーたしていた日々。 ようやく一息付けた……ような気がします。 ここで何か気が緩むと、一気に体調が崩れそうな予感がするので気をつけよう。ひ […]

記事を読む