居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

前回の続きを少々

なかなか天気も不安定な3月ですが、もう春のお告げ(花粉的なヤツ)を感じられるようになっていましたね。
何か今年に入って、何かにつけて体調を崩しているような気がするので、十分に注意しなければと思っております。

TASTEの参加プレイヤー申し込みを始めました

散々お知らせをしていた、“味覚を使う”、“戦闘がない”、“正気度0スタート!?”のホラーLARP「TASTE」試験体験会。参加プレイヤー募集を始めました。会場は中野にあるボドゲバー・Flow Chart様(https://flow-chart.net/)
参加費を頂戴する以上は、体験していただいた人にがっかりさせないよう精一杯努めさせていただきます。
ぜひ、“気になる”でもリアクションをしていただけると、それも次へとつながるパワーとなります。
きっとなります!!(くどい)

そういえば、TASTEのハッシュタグを作らないとなぁ。
目下の悩み事は、撮影などの記録をどーしたもんかなぁ??ってところです。
セッション前とセッション後に撮ってはいるんですが、プレイ中のも欲しいところ(ムムム)

パスファインダー2の製品版発売日がアナウンス

約1年ぐらい?のプレイテストとフィードバックを得て、ついにパスファインダーTRPGの2ndエディションの発売日が【8月1日】と決定しました。
この2ndエディション開発の発表が、2018年後半の1eのキャンペーンやらソースブックの売れ行きに見事直撃したようです(iCv2のFallout: Wasteland Warfareセールスチャートから、スターファインダーは残りましたが、まさか名前が消えてましたしね)

コアルールブックは600ページ以上のボリュームで、400体以上のモンスターが収録されている「Bestiary」は360ページ。ノーマル版と豪華装丁版の2パターンがあるようです。
さらには、キャンペーンシナリオブックとワールドガイド本も合わせて発売されるとかで発売初日からすごい情報量が出回ることになるんですねぇ。

2ndエディションは邦訳される予定があるのか、すごく気になるところです。

©️paizo

そういえば、Falloutのさ?

先日発表されたFalloutのTRPG化。最初はミニチュアゲームの拡張としてリリースされるだけなのかと思ったら、ミニチュアゲームの拡張版と、完全なTRPG版の2種類が出ることが判明しました。
そのまま、「おぉ」と思って終わりにしようと思ったんですが……

「そういえば、ミニチュアゲーム版ってどういう内容なの?」

と、ゲームの内容をまったく知らなかったのでもう少し調べて見ることに。

Fallout:Wasteland Warfareって?

発売されたのは、2018年の11月。Fallout4の世界観をベースに、基本セットでは「生存者」「スーパーミュータント」「B.O.S」が遊べ、毎月のアップデートパッチ(拡張パック)を入れることによってミニッツメンやレイルロード、インスティチュートなどのお馴染みの派閥が増えていく。追加されるのはキャラクターだけではなくオブジェクトもあるようで、この毎月発売される拡張パックはFallout3を網羅するまでは続けられるそうです。(無論1と2をおざなりにするつもりはない……とのことですが??)その拡張は、生存者が集まるコミュニティ形成の再現の他にAIの精密化を図り、1つのシナリオから別シナリオへ連鎖していく多様性も実装したいと考えているようです。

ゲームモードは4つを収録

本作の基本はPlayer vs Playerによる対戦プレイ、コンシューマーゲームのように物語を追体験するキャンペーンプレイ、AI(NPC?)に対するクエスト・ソロプレイ、AIとの協力プレイがあります。このAIは、「特定の派閥やクリーチャーに対する戦術的な反応やイベントをテーマにした」カードデッキとしてゲーム側から提供されます。イメージ的にはデッキ構築型を取り入れたミニチュアゲームといったところなのでしょうか?

対戦以外は、シナリオに規定されていたり手持ちの金額によって派閥を選択します。ゲーム内のお金は装備のアップグレード、消耗品などの購入、キャラクターの追加に使用されます。

公式サイトではサンプルミニチュア画像の360度Viewが可能になっているのですが、見ていると久しぶりにコンシューマー版を遊びたくなってしまいました。(笑 私のFallout経験は4だけなので)

©️ modiphius

TRPG原作のコンシューマーゲーム化が増えて来ましたね

3月末に発売される『コール・オブ・クトゥルフ』や、ただいま制作真っ只中の『サイバーパンク2077』などTRPGが原案となっているゲームが増えて来ました(PS4にはANIMAもありましたね。ルルブの現物は見たことあるんですけど、遊ぶチャンスはありませんでした・・・)
そんな中、ついに【ルーンクエスト】がそのままのタイトルでゲーム化されると発表がありました。開発はアイルランドのBlack Shamrockで、発売時期や対応プラットフォーム、ルールシステム、ゲームプレイに関する詳細は不明だそうです。
とりあえず、制作発表がされた感じでしょうかね。

プレスリリースの一文を読むに、「Black Shamrockの新しいRPGアドベンチャーの基礎となるでしょう」的な文章があるっぽいので、オープンワールド系のRPGになるんでしょうかねぇ?

そういえば、ドラゴンエイジの新作ってどうなったんだろう??

カテゴリー・関連記事

居眠りは焼け野原になってしまいました。

忘れもしない4/29。 この間読了をした『Bring That Beat Back』を遊ぶ参考に……とも思ってお知らせをもらったイベントから戻ってきた次の日。 バックアップやここ10年ぐらいの創作データも含め、PCがクラ […]

記事を読む

拡張がこれで終わったと……

日本でもいよいよ発売された、サイズの拡張3部作の最終章『サイズ -大鎌戦役- 拡張 フェンリス襲来』。当初はこれでサイズは完結されるんじゃないか?的なことが言われていました。 だが、しかし! ファンが考えた(?)カード効 […]

記事を読む

映画原作のボドゲといえば

色々とGENCONの情報が飛び交う中、9月にMondo Gamesが対戦型デッキ構築ゲーム 「ファイトクラブ」 をリリースするとの発表がありました。 ファイトクラブ……知る人は知るエドワードノートンとブラッドピットが出演 […]

記事を読む