居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

そのニッチなテーマには見覚えが!!

久しぶりに実家へ寄ったら、完治したはずの風邪をもらい直すというアクシデントに見舞われた今週です。
メチャクチャ、必要ない!!(笑)
今週末は大事なイベントなので、さっさと治してしまいたいところです。

そうそう、テイストの専用ページを少し更新しました。最初に公開をしてから
『あれ、そういえば舞台というかレストランのコンセプトを入れてないよっ!』
と思った次第です。ゲームの没入感を高めるためにも飲食業経験者のNPC役枠も設けたいところ(予定は未定)

https://cityofdaze.net/taste/

◆ 気になる話題

FATE COREやBLADES IN THE DARKなどを出している【Evil Hat Productions】から今年の10〜12月に新たなテーマのTRPGをリリースすると発表しました。そのタイトルは『BAND OF BLADES』と言って、『BAND OF BLADES』は同パブリッシャーが2017年に配布を開始した『Forged in the Dark(BLADES IN THE DARKを元にしたSRD[System Reference Documento])』を元に制作されているそうです。

ゲームのバックグラウンドは、灰の王に挑んだが破れた傭兵団「レギオン」が敗走する物語となっています。セッションクリア条件もアンデットの軍勢による包囲網を突破して安全圏まで離脱するのが主な条件となってきます。

ここまで読んで

あれ、何か聞いたことがある設定だぞ!!?

と思った人は、同人TRPGに精通している人だと思います(笑)

あー、さてさて。
ゲームではプレイヤーは5種類のスペシャリストからキャラクターを選んで遊ぶことになります。また、このゲームは大変死にやすく、交替キャラを作成するルールも含まれているようです。
そして、1人のキャラクターの冒険に加えて、プレイヤー達は敗走する傭兵団の管理運用もすることになります。減少しつつある供給を配給し、大胆な作戦を指示して危険に身を晒しながら、執拗に追ってくる灰の王が放つアンデットを撃退して撤退が完了するまで傭兵団を保ち続けなければいけません。

なかなか、ヘビーなキャンペーンとなりそうですね。でも、個人的にはすごく興味がある内容!! SRDの元となっているBLADES IN THE DARKも遊んでみたいんですよねぇ。

今回書籍版として発売されるものには、キャラクターの作成、軍団に課せられる作戦、そして直面するかもしれない敵を含むゲームに必要なルールがすべて含まれています。対象年齢13歳以上の4-6人で遊ぶことが推奨されています。

©️ Evil Hat Productions



カテゴリー・関連記事

紀伊国屋書店南館の変わりように……

私用により、今回の冬コミ(C93)はゲームマーケットなどでお手伝いしているクリエイティブAHCにお任せして都内からいなくなりました。C91、C92とご要望があった『Mission in Links』に関しては、現在『紙ゲ […]

記事を読む

植林プロジェクトと提携したボドゲの発売日が確定したようで

昨年、自分たちのゲームが1本売れる度に樹木を植えるプロジェクト【Trees for the Future】と提携した『ThunderGryph Games』というゲーム会社。 そのときキックスターターで資金を募っていたゲ […]

記事を読む

ガックリ肩を落として帰ろうとしたら?

(前回の続きです) +-+-+-+- 新宿紀伊国屋書店の南店洋書フロアから帰ろうとしたとき、ふと視界の隅っこにPopが見えたんです。 「2017年、一番売れたアートブック」(たしか、そんな感じ) 何のきなしに立ち止まって […]

記事を読む