居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

今年も色々とデジタル化の中に?

ようやく、風邪が完全に抜けた今日この頃。ようやく頭の中にすくったモヤが晴れて来たようで(遅っ
今週はLARPカフェ+マスカレイド(https://twitter.com/CthulhuliveJP)さんのゲームに参加できるので、風邪のぶり返しが無いように十分気を付けねば

◆ 気になる話題

MtGの大流行の次にこれが流行るのでは!!? とちょっと思ったことがあったMage Knight (個人的感想ですが……)。実のところ、初めてのミニチュアゲームとの遭遇はMage Knightだった私。ミニチュアの距離をメジャーで測り、パラメーターはダイヤル式になっているミニチュアの台座を回すことで管理するギミックを目の当たりにして

「これは、新しい遊びだっ!!」

と感動したものの、私の周りでは遊ぶユーザーが増えずに私の中のブームも終わってしまいました。

 そんなMage Knightは2011年にミニチュアゲームとしてのルールを基盤にボードゲーム として復活(デザイナーはコードネームやスペースアラートのVlaada Chvatil)、瞬く間に大ヒットし、2015年までに3つの拡張が発売されました。
 一度廃盤となりますが、Wizkidsが昨年「Ultimate Edition」として基本(ルールブックは拡張と完全統合)+すべての拡張パック入り+5枚の新カード入りと、コレクターは勿論のこと既存ユーザーも欲しい内容で発売されました。
 そういえば、クトゥルフウォーズも基本+全拡張入りセットが発売されたりと、去年はそういうフルセット商法があったのかもしれませんね。

 さて、「Ultimate Edition」も発売されたMage KnightがポケモンTCGオンラインを運営しているDIREWOLF(https://www.direwolfdigital.com/)からデジタルゲーム対応(アプリ化?)すると発表がありました。ゲーム内容は勿論「Ultimate Edition」でとのこと。

 日本語対応もしてくれたら、今からでもMage Knightを遊びたいですねっ!! 続報に期待です。

©️ WizKids

カテゴリー・関連記事

懐かしいは新しいにループする。

いよいよ6月になり、今日から関東地方は梅雨入りもしたそうで。 なかなか堅苦しい英語のペーパーを独訳していて、頭から煙が立ち上がり続けているので雨で鎮火してくれんものか(ぇ 来週ぐらいには読み終わって、次に進みたいものです […]

記事を読む

何、この音ゲー × ボドゲ

明日用に何かネタを拾ってから寝ようと思ったのが、そもそもの間違い(笑) まずは、TPRG。以前書いた記事の中に ◎GENESYS SYSTEM – セールスポイントは革新的なストーリーダイスシステム – スターウォーズT […]

記事を読む

お、インスタ映えか?

体調の悪さは落ち着いたものの、機嫌がやや悪い今日この頃。 そらぁ、5分程度の「ボク達何もやってまてん」という話を聞くために始発にのって○時間とか移動したら フンガーとなりますよね? 夜の用事な前に色々と物色したかったので […]

記事を読む