居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

本がカードにな〜る。

新年早々、まさか風邪を召してしまうとは(とほほ……)
いつも以上に言動が可笑しいかもしれませんが、まぁ……その広い心で許していただけると。

新年にTwitterでもこっそりと書きましたが、「TASTE」の体験会を2月に2日連続で開かせていただけることになりそうです。
ど、どうなることやら(’ ’; ひとまず絶賛再構築中です。
週末は何か天気が大変そうですが、少し資料を漁りに行きたいなぁ。

さて、気になるボドゲの話

昨年RPGライクなボドゲを遊んでいた際よく「これ、ゲームブックをカードに落とし込んだ感じだよね?」とよく思っていました。

どうやら、その流れは今年も健在なようです。
Renegade Game Studiosが2019年4月に発売すると発表したのは、1人用のストーリーブック&ダイスゲーム「Proving Grounds」というゲームです。

作家であり、FireflyRPGのゲームデザイナーMonica Valentinelliによって書かれた小説から始まり、主人公マイアの母親である「太陽の女王」の殺人罪の濡れ衣を着せられてしまいます。プレイヤーはマイアの行動をコントロールし、彼女が無実であることを証明するために“証明の場”と呼ばれる闘技場で剣闘士として戦い、陰謀を企てた者たちから王座を取り戻すことを試みます。

本作は、「リアルタイムソリティアダイスゲーム」は、これまでにない方法でゲームプレイを提供してくれるそうです。ソロプレイを練習するためのトレーニングモードがあり、それが終わったら6つのモジュールを順番に追加したり、好きなように組み合わせて物語を拡張していきます。

うーむ?? リアルタイムってどんな感じなギミックが使われているんだろう??
コンポーネント写真はカッコ良いので、ちょっと気になります。
日本語版出るかなぁ???

©️ Renegade Game Studios

カテゴリー・関連記事

カルカソンヌの?

フローチャート様で遊ばせてもらっているときに、いつも以上にボロクソなゲーム内容になってしまうのは「アグリコラ」と「カルカソンヌ」。何か、どちらも初見プレイ以上の点数を稼いだ事がないという(笑) ゲーム勘はサッパリありませ […]

記事を読む

言われてみれば、確かに

(この内容は個人的な推論のみで、ちょーてきとうに書かれています) ファンタジー系のウォー・ゲームって見かけない気がする。 海外TRPG系のPDF販売「DriveThruRPG.com」のサイトに良く似ているウォー・ゲーム […]

記事を読む

ボードゲームからTRPGへ

5月中旬にリリースされていた情報ですが、ブックマークだけしておいてすっかり忘れてました。 TRPG→LARPになったり、TRPG→ボードゲームになったり、ボードゲーム→からコンシューマーゲームというのはこれまで何度か見て […]

記事を読む