居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

拡張がこれで終わったと……

日本でもいよいよ発売された、サイズの拡張3部作の最終章『サイズ -大鎌戦役- 拡張 フェンリス襲来』。当初はこれでサイズは完結されるんじゃないか?的なことが言われていました。

だが、しかし!

ファンが考えた(?)カード効果を元に、Jakub Rozalskiの新規イラストを添えた『遭遇カード』32枚だけを拡張する【Scythe Encounters】の発売が開始されました。

元々の『遭遇カード』は「何かを得る」「何かを得るためにお金を払う」「民心を捨てて何かを得る」と選ぶ3つの効果が1つに表記されたカードでした。

今回からは元のゲームには実装されていない効果と共に、秘密の目的(「相手に3金払うと、払った相手から攻撃を受けない」「次のターンをスキップして勝利点を5得る」など)を提供するようになりました。カードの効果が適用された後も、手元に留まる可能性が出てきたのです。

ただ、「全員が同じ条件でないと効果が発揮しない」モノもあるため、オプションが1つ少ない『遭遇カード』を引いてしまう可能性もあります。そこにイラっとしない人には是非おすすめ。SCYTHEの遭遇カードに新たな驚きと鮮度を追加するでしょうとのこと。

©️Stonemaier Games

カテゴリー・関連記事

アンロック!シークレットアドベンチャー。

2018年の7〜9月までに新たなアンロック!が3つ発売されることが1/26に発表されたようです。 これまでのシリーズと同じく、各ゲームは制限時間が無くなる前にコンパニオンアプリにガイドされつつ、パズルや謎をとき、プレイヤ […]

記事を読む

【 #ボドゲ 】サイコロモンスターっ!?

Wizkidが2019年3月にリリースするボードゲームとして【Smash City】を発表しました。 これは、プレイヤー達は巨大なモンスターとなって、縦横無尽に街の中で破壊の限りを尽くすゲームとなります。あれ、何か同じテ […]

記事を読む

図書館でボードゲームとな?

「図書館でボードゲーム」という試みが何だか気になり、人に説明できないもどかしさも相まって調べてみることに。 この運動の発端は米国図書館協会が「図書館でゲームを。」という呼びかけを始めたことによる。 2008年から毎年11 […]

記事を読む