居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

【 #TRPG 】来年リリースを目指しているプロサイクリングレースTRPGについての情報をまとめてみたり。

『Tour de Force(TdF)』というタイトルのTRPGが来年リリースに向けて始動したようです。国内ではなく海外の話ですけど……

リリース情報によれば、かなりユニークなテーマを取り扱っています。なんと、「プロ自転車レース」その競争の世界に関するすべての役割を果たせるとのことです。デザイナーはサイクリングとTRPGに関して40年の経験があるとの……こと?

 プレイヤーたちはプロのサイクリストチームを支配し、ワールドツアーカレンダー™の最も象徴的なレースで互いに競い合うことになります。普段慣れたTRPGとは違って『勝敗が決まる』ことです。協力して1つの物語を創るのではなく、競争と対話によって1つの物語を盛り上げます。更には、GMにだって勝つ可能性がありますっ!

 本作に望むシステムは、TRPGという環境内で自転車レーシングの正確なシミュレーションを可能にし、実際の自転車レーシングがどのように運営・実行されているかを体験してもらうことにあります。

 現在予定されている行動判定のメカニックは2個の10面体を利用します。ターゲットナンバー(目標値?)はライダーのステータス(次回タイム)から生成され、ターゲットナンバーに対して10面体を同時に振って、それ以下かどうかを個々に判断します。2ヒットはかなり良い成功、1ヒットはとりあえず成功です。成功した場合はタイムが秒単位で良くなります。0はターゲットナンバーがどうあれ失敗となり、フォームが崩れたり、タイヤがパンクしたり、クラッシュすることがありえます。

 ステータスとゲージは「スタートセット」と呼ばれるものを使用することになります。スタートセットには2つのステータスが含まれていて、1つはライダーの身体能力と特性(「キック」、「パワー」、「ガット」、「スタイル」)、もう1つは勾配や路面などでアクションを試みる属性(アトリビュート、フラット、ヒルズ、マウンテン、?)です。

 主要なゲージはエネルギー&疲労です。エネルギーは12から1まで変化し、疲労は0から4までの範囲にあり、両方が同じゲージに記録されます。行動を実行するとエネルギーが消費され、エネルギーが落ちると疲れが上がります。ターゲットから疲労を引いて(ライダーのタイヤのように物が硬くなる)、結果にエネルギーが追加されます(ライダーが新鮮なときに成功はより大きな影響を与えます)。

 他の重要なゲージはフォームです。フォームはライダーの競技日の条件を表し、多くの点で「士気」と似ています。最大値は+5から最小値の-5で、ゼロから始まり、成功と失敗で上下します。それはエネルギーを回復するために費やすことができ、成功に影響を与えるために保持され、出来事の重大度をチェックする際には幸運の指標として使用されます。

 スピードに関してもギミックがあるようですが……。

 レースでの勝利は、強力な戦略、健全な戦略的決定、必要になるまでスパートにかけるエネルギーを節約コントロールする能力によってのみ達成できます。それらを念頭に置いてもらうためにも、ルールブックで実際の戦術や用語を取り扱ったセクションも用意しています。TRPGのギミックとスポーツそのものを密接に結びつけることで、双方(ゲームとスポーツ)の向上と促進を願っています。それが本作を設計した主な動機です。TRPGを採用することで、ボードやカウンターで再現されるものよりはるかに豊富で多様な設定を伝えることができます。また、この素晴らしいレースが取り巻く雰囲気と光景を洞察できるでしょう。

 今はレースオーガナイザーとレーシングプロチームにアプローチをして、実際のレースチームをデータ化してサプリまで出すことを野望に秘めています。

 トゥール・デ・フォースは、「トゥール・ドゥ・フランス」という言葉にはっきりと目立たない演劇であり、「A Feat of Strength」のためのフランス語で、一般的にプロサイクリングのかなり正確な記述です。また「業績や業績が偉大なスキルで達成され、管理されている」という意味を定義している人気のあるフレーズです。

©️ Tour de Force


 さて、リリースの前半を読んだ直後に思った感想は「キャラクターじゃなくてチーム全体をPCと見立ててゲームするのかな?」と思っていたのですが、キャラシーの説明がライダー主体だったので
「おやぁ?」
と思っている次第です。こういうレースって選手だけではなく、クルーだったり広告主だったり色々な人が関係してくるのでその部分はどうなるんだろう?  

そして、これ絶対ボリュームすごいですよねっ!!?

カテゴリー・関連記事

PvEvPなんて表記を初めて見ました。

いつも通り、更新しようと思ったものの……今回の騒動はいささか心が折れるものだったので何時も以上にノンビリしております。 いつもの私なら、ここで投げ出すところですが書く事は続けないとね〜。 さて、題名の件。最近金曜日は必ず […]

記事を読む

2018年LoopBGM初め

2018年のLoopBGM初め。 ACIDMusicStudioは1998年に初めてアプリケーションとして発売された「ループシーケンサー」で、長くて数秒の音素材を並べたり重ねたりすることで途切れる事の無いループ再生を目的 […]

記事を読む

ふーむ、ファンタジー寄りじゃないのかしら?

ウィッチャーTRPGのPDF版も無事に発売されたことだし(なんと今なら半額セール)、と思っていたのですが ……… …… … やはり、300ページ超の洋書を斜め読みするのはキツイっす。 そして、何か心なしかGoogle機械 […]

記事を読む