居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

インストしてほしいゲームは数多く

シュピール’18が始まり、TwitterのTLはボドゲ一色? と思ったもの今年はなんだか穏やかだなぁ。まぁ、私がブロックされまくっているだけの話なのかもしれませんが(トホホ

あぁ、さてさて。
この前、「インストし直してほしいボドゲ」として「アグリコラ」と「カルカソンヌ」を上げましたが、実はストーリーテリングゲームに興味があって買って見たものの手探りで遊んで見たものの「??」っと頭に疑問符が浮かんでモヤモヤしたゲームがあります。

真夜中の探偵」っていうんですけどね(おぃ
真夜中の探偵はパルプ雑誌の探偵小説やフィルムノワールを題材に、実際の雑誌で使われていたイラストなどを使ったサスペンステーマのストーリーテリングゲーム。コンセプトとかに引かれたんですけど、なんだかゲームの進行が馴染めなかったんですよね。

なんて、思い出がフラッシュバックするように、10月は海外でパルプ雑誌のイラストを使ったゲームが発売されたようです。
それは、ALBAN VIARD STUDIO GAMESの

『Pulp Detective』

©︎AVStudioGames

なかなか、興味深いパッケージ(笑
これは1人〜2人向けのゲームで、ストーリーテリングというよりは事件を解決するためにダイスを振って、シナリオ解決のためのサイコロの出目とリソースを使って調査カードの条件を達成することを試みます。4つの手がかりを見つけ、リソースが十分にある状態でタイムリミット以内だったら、犯人との最終戦が待ち構えています。

こちらは物語を構築するのではなく、TRPGのマギカロギア(アマデウスもでしたっけ?)のようにダイス目によってリソースを獲得してクリアを目指すゲームとなっているようです。でも、ロールプレイを加えたら面白いのかもしれませんね。
軽く概要を眺めて見ましたが、これはこれでかなり興味深いゲームです。 しかも手軽そうですし。

基本セットと同時にキャンペーンモードが導入できる拡張も発売されたようです。日本語版してほしいなぁ。

14歳以上の1人〜2人のプレイヤーで遊べ、1ゲーム20分〜30分とのことです。




Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

2018年、クトゥルフはダイスタワーにまで

やっぱり、LoopBGMの記事だけだと振り向いてもらえないなーと溜め息を漏らしつつボードゲームの情報を探していると ……… …… … 見つけましたよ、狂気なヤツを(笑) その名も、「狂気の塔」。見た目のインパクトが凄いで […]

記事を読む

銃と硝煙の世界に小指を浸けて(3)

※この内容はAHC(http://ahcahc.com)のブログにも掲載されています。最後の内容は居眠りの街だけ!! 前回は、サンプルキャラクター「バイパー」こと石林有を使って「FNファイブセブン」のフルオートモードでの […]

記事を読む

ボドゲを買って植林をしよう?

※ 日本での活動ではありません。 『ThunderGryph Games』というゲーム会社の試みで、自分たちのゲームが1本売れる度に樹木を植えるプロジェクト【Trees for the Future】と提携したそうです。 […]

記事を読む