居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

インストしてほしいゲームは数多く

シュピール’18が始まり、TwitterのTLはボドゲ一色? と思ったもの今年はなんだか穏やかだなぁ。まぁ、私がブロックされまくっているだけの話なのかもしれませんが(トホホ

あぁ、さてさて。
この前、「インストし直してほしいボドゲ」として「アグリコラ」と「カルカソンヌ」を上げましたが、実はストーリーテリングゲームに興味があって買って見たものの手探りで遊んで見たものの「??」っと頭に疑問符が浮かんでモヤモヤしたゲームがあります。

真夜中の探偵」っていうんですけどね(おぃ
真夜中の探偵はパルプ雑誌の探偵小説やフィルムノワールを題材に、実際の雑誌で使われていたイラストなどを使ったサスペンステーマのストーリーテリングゲーム。コンセプトとかに引かれたんですけど、なんだかゲームの進行が馴染めなかったんですよね。

なんて、思い出がフラッシュバックするように、10月は海外でパルプ雑誌のイラストを使ったゲームが発売されたようです。
それは、ALBAN VIARD STUDIO GAMESの

『Pulp Detective』

©︎AVStudioGames

なかなか、興味深いパッケージ(笑
これは1人〜2人向けのゲームで、ストーリーテリングというよりは事件を解決するためにダイスを振って、シナリオ解決のためのサイコロの出目とリソースを使って調査カードの条件を達成することを試みます。4つの手がかりを見つけ、リソースが十分にある状態でタイムリミット以内だったら、犯人との最終戦が待ち構えています。

こちらは物語を構築するのではなく、TRPGのマギカロギア(アマデウスもでしたっけ?)のようにダイス目によってリソースを獲得してクリアを目指すゲームとなっているようです。でも、ロールプレイを加えたら面白いのかもしれませんね。
軽く概要を眺めて見ましたが、これはこれでかなり興味深いゲームです。 しかも手軽そうですし。

基本セットと同時にキャンペーンモードが導入できる拡張も発売されたようです。日本語版してほしいなぁ。

14歳以上の1人〜2人のプレイヤーで遊べ、1ゲーム20分〜30分とのことです。




Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

ガックリ肩を落として帰ろうとしたら?

(前回の続きです) +-+-+-+- 新宿紀伊国屋書店の南店洋書フロアから帰ろうとしたとき、ふと視界の隅っこにPopが見えたんです。 「2017年、一番売れたアートブック」(たしか、そんな感じ) 何のきなしに立ち止まって […]

記事を読む

何にも更新していないということは?

はい、案の定DESTINY2漬けな私です。 なかなか骨太な攻略要素が満載でホクホクしておりますがっ!? ……… …… … DLC1から思うところがあって、既存のキャンペーンをそのままストライクに回すのやめましょう? 前作 […]

記事を読む

2017年を思い返すと。

2017年は、挫折の年だった。 自分のゲーム制作と同人活動に挫折し、 誰かに熱意を伝えることに挫折し、 誰かを説得することに挫折し、 誰かに家族の事を説明することを挫折し、 仕事に対する心構えに関して挫折した。 正直、も […]

記事を読む