居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

ChamberLARPっていうカテゴリーもあるのね。

あぁ、頭から湯気が立ち上る(笑
ホラー映画でも作業BGMにしようかと思ったんですが、そういえばホラー系は持ち合わせがありませんでした。
どっちかというとサスペンスとかアクションばっかりなので。
なぜか、頻繁に再生するのはFRINGEっていう。しかもシーズン1だけ。
あー、アメリカン・ホラー・ストーリーもどこかにあったような気がするけど、男性の自家発電シーンとかあったので
さっさと放り出してたんだった(苦笑
………
……

あー、さてさて。

– + – + – + – + – + – + – + – + – + – + –

ドキュメントのまとめ作業に没頭していて、なかなか斜め読みが進まない『NORDIC LARP(2010)』。
今何をやっているのかというと、クトゥルフ・ホラーを題材にしたLARPセッションを1つ組み上げているところなんです。
別に同人誌化するわけではないのですが、最近まで調べていたりツイッターで妄言していた

  • LARPとは
  • フリーフォームとは
  • 安全とは
  • 小スペースで舞台移動のないセッションを可能にするには

などなど、自分の頭でっかち(笑)になっている部分を書き散らかしている次第です。
それと同時にブックマークしておいたキュレーション系サイトも眺めているのですが、最近情報が更新されない(笑)
まぁ、暑くなくなったからセッションが本格的になってきたのかも?
「記事書くより遊ぶんじゃー」
……ですよねぇ?

そんな中「小スペースでLARPセッションする際の注意点みたいなコラムは無いかな〜」と検索していたら、2012年で更新は止まっていますが『Chamber LARP』というのを見つけました。
『Chamber LARP』は、ChamberGamesというサークルが「小スペースで、少人数、短時間で遊べるコンベンション向きのコンパクトセッションを拡めよう」という意図で立ち上げたアイディアなのだそうです。

調べを続けてみると、NordicLARPWIKIにも用語が登録されているかと思えば、今年のKnutpunktでもセッションが行われていたようです。

更新するの飽きただけ!?(w

提唱したサークルのブログには、CCライセンス下(非営利に限り自由に使用できる)のゲームシナリオが数本公開されていました。

  1. 13人による夕食会(家系図だけGMが定時して、背景や他のPCとの関係性などはセッション中にアドリブで後付けされる)
  2. PCが全員ネコ(NPCは鳥?)というナイトクラブでのドタバタ:身体言語要素強め
  3. 輪廻転生ネタ。甦るか、死の先へ向かうか? 暗くできる部屋がいくつか必要
  4. 舞台は同窓会。PC達にはシノビガミのような秘密があり、セッション中にすべて解決しなければならない(解決方法はアドリブで)
  5. 芸術祭の前夜祭で起こる出来事を題材にした話。PCはとあるアーティストグループの一員、アトリエスペースとたくさんの美術品が必要(※実際の芸術祭の中で開催されるように書かれたため)
  6. 実際の公園を舞台にしたシナリオ。他人とつながりを持つことは大変だーというテーマらしい
  7. 2人で1人の人間の個性を演じるネタ。意識的な自己、あるいはその人の根底にある欲望を演じることになる
  8. 8人〜10人による遺産相続のお話
  9. 人生のさまざまな段階や変化にどう対応するかについてのシナリオ。市長がどーのとあるので、街の運営ネタかも?
  10. 友人関係はめっちゃドロドロしていますというネタ
  11. パーティや予定されていた会議内で起こるキャラクターたちの運命に焦点を当てたネタ?

いい加減ですが、概要を斜め読みしてみました。想像していたよりちょっと人数が多かった気がします。
この中で興味があるとしたら、猫かなぁ??

そういえば、アメリカ人ライターがNordicLARPを体験したブログにもシナリオが無料公開されていたリンクがあったような・・・ブックマークしてたかなぁ(大汗

カテゴリー・関連記事

何にも更新していないということは?

はい、案の定DESTINY2漬けな私です。 なかなか骨太な攻略要素が満載でホクホクしておりますがっ!? ……… …… … DLC1から思うところがあって、既存のキャンペーンをそのままストライクに回すのやめましょう? 前作 […]

記事を読む

募集内容の話をしよう(CTHULHU FES2019編)

もちろん、11月も12月も……ファシリテーターとして引き続き遊び続けます。 まずは、CTHULHU FES2019様(https://cthulhufes2019.webnode.jp/)。ファシリテーターとしてスタート […]

記事を読む

MSのトランスレーターめっ!

現在、斜め読みしているNORDICLARP(2010)の著者は、別のドキュメントでLARPを文書・書籍化することはパフォーマンスアートを書籍化するのと同じぐらいに難しいと書いています。 問題点として ライブ感(観客の反応 […]

記事を読む