居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

ふーむ、文字チップを使うと?

最近、またちょくちょくと同人TRPGのDiscordを眺めたりしているのですが何かを創ろうとしている人たちの活気やアイディアは色々と面白いモノがあります。
私も徐々に活発さを取り戻したいところではありますが、サイトテーマと同じく今しばらくはグータラしていこうかと思います(おぃ

– + – + – + – + – + – + – + – + – + –

あー、さてさて。
海の向こうで今週発売されたアナログゲームの一覧に気になる約60ページの軽量TRPGを見つけたのでメモメモ。

ジャンルはマルチバースのファンタジーモノ。存在しているかもしれないし、していないかもしれない、現実であって現実でないかもしれない。様々な世界がありまる。キャラクターたちはどの世界へ言っても通じるが万人では理解できない言語を理解でき、今までに起こったこと、起こること、起こらないこと、できないことのすべてを小さな石版から翻訳し、新しい『魔法』を組み上げて現実を改変することができます。

本作はいくつかの六面体サイコロと、アルファベットが1文字ずつ刻まれたウッドチップを駆使します。
3年前のデモプレイ動画をチラ見した感じだと、六面体サイコロを複数振って、成功数で行動判定を成否を判定するタイプに見えますが、個性的なのは『魔法』の部分。

システム的にこれといった効果や呪文名などが決まっていないようです。
ちょっと懐かしい『混沌の渦』などのように、魔法の効果はプレイヤーが「こういう効果を発動したい」というプレゼンをしてGMがOKを出したら判定します。
その判定に成功したら効果が確定して、ウッドチップを数枚ランダムで握ります。
その効果にふさわしい名前をウッドチップを使って創ることができたら、無事に魔法として成立します。
成立した魔法は1回使い切りではなく、何度も何度も行使するのが可能となります。

また、マルチバースを歌っているようでこれはあくまで汎用ルールのようです。α版から約3年のリリース、DriveThruRPGにも「ユニークシステム」カテゴリーで登録されているので、ちょっと手を出して見たい気も(積みPDFがたんまりあるのに……)
同時発売として、5つの世界観が収録された設定&キャンペーンブックも発売されています。
是非とも、セッション動画の新しい奴をアップして欲しいところ(w
Twitchで検索したら、ひっかかるかしら??


©️ Whimsy Machine

カテゴリー・関連記事

【読了】○○とDJは同じなんだっ的なTRPG(後編)

先日ブログのネタにしたPCは全員DJな約1ドルTRPG『Bring That Beat Back』をようやく読み終えました。 一応、セッションができる程度にはルールも理解できたと思います。 読み終わった結論としてて……1 […]

記事を読む

何にも更新していないということは?

はい、案の定DESTINY2漬けな私です。 なかなか骨太な攻略要素が満載でホクホクしておりますがっ!? ……… …… … DLC1から思うところがあって、既存のキャンペーンをそのままストライクに回すのやめましょう? 前作 […]

記事を読む

はっ、そのロゴはガープス!?

元記事はこちら 何か見た事があるロゴをバックに映っている画像……もしやガープス!? と思ったら、この人がスティーブ・ジャクソンとのこと。なんだかお茶目そうなおz(ry ニュースになっているのはGURPSを制作する前に出版 […]

記事を読む