居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

そこは協力しましょうよ、お姫様たち

つかの間の晴れ日。
洗濯をしつつ、今週海の向こうで発売されるボドゲやらTRPGのPDFの販売表を眺めていたら面白そうなのを見つけました。
一見ガイスターっぽい(将棋とかチェスっぽい)のかと思ったら、そうではないようです。
そのタイトルは「プリンセス・ジング(PRINCESS JING)」

北京のお城に軟禁されている美人なお姫様姉妹は、天皇との約束で男性を見ることを禁じられていましたがさっさと破ってました。
それぞれの近衛騎士団の団長に恋をしてしまったのです。
どうにか迷宮に改造された迷宮を脱出して、自分の恋い焦がれた隊長と逃避行すべく競い合います。
・・・協力しないの?(笑)

それにしても、インスタ映えしそうですねっ!


©️ BoardGameGeek|Tristan(tOverney)

各プレイヤーの手駒はお姫様、お姫様に変装したメイド、変装破りの鏡を持った魔術師の3つ。それを正方形ゲーム盤の自分側の端列に空のスクリーンと混ぜて配置します。
自分の手番、相手の手番を駆使して相手側の端・・・隊長が待っている眼前までお姫様のコマを移動させたプレイヤーの勝利です。
この鏡を持った魔術師のコマに付いている鏡は本物。相手側のスクリーンに何が隠れているかを確認でき、お姫様のコマを見つけられたらスタート地点へ戻せます。
これが基本ルールらしく、エキスパンションルールでは動物トークンなども追加されるようです。

10歳以上の2人でプレイでき、1ゲームは約40分ほどとのことです。
公式サイトでルールも公開されているので、適当独訳では納得できない方は『そちら』そちらをご参照あれ。

– + – + – + – + – + – + –

そういえば、EXIT(謎解き系リプレイ不可ゲーム)のシーズン3が始まったようで、海の向こうでは今週2つのエキスパンションが発売されたようです。
「オリエント急行の死者(難易度レベル2.5)」と「海底に沈んだ宝物(難易度レベル2)」なんだとか。
こういう謎解き系も、まだまだブームは続きますねぇ。

– + – + – + – + – + – + –

WitcherTRPGは、無事にライセンス発行側のCDPRの校正を受けてゴリゴリとブラッシュアップされて続けているようです。
クイックスタートガイドも制作されるとよいなぁ〜。


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

おや、これもタイトルがSAKURA

ふと見かけた2月発売のボードゲームのタイトルがまたも「SAKURA」のモノを見つけました。 こちらは、花が咲くことを祝う……というわけではなく桜の木の下で立ち止まった天皇の肖像画を書きたい絵描き達の戦いの様です。 ほ、ほ […]

記事を読む

今年も色々とデジタル化の中に?

ようやく、風邪が完全に抜けた今日この頃。ようやく頭の中にすくったモヤが晴れて来たようで(遅っ今週はLARPカフェ+マスカレイド(https://twitter.com/CthulhuliveJP)さんのゲームに参加できる […]

記事を読む

センチュリースパイスロードのファンタジー版!?

フロチャさんで置いてあるのを見かけたり、色々なツイートを見かけて気になっている『センチュリー・スパイスロード』。 三部作構造の次の作品ではなく、それよりも前に同じゲームシステムを使った“ファンタジー版”なるものが登場する […]

記事を読む