居眠りするように創りたいモノをマイペースに創る

そろそろ、仕様を明かして欲しいよ。ゲムマブログ

来月は、いよいよゲームマーケット秋
今回も非公認イベントなども運営する予定なので、このブログ以外のページ更新を頑張ってこなしていました(笑)
まぁ、それだけではありませんが……(目線をそらす)。ダースベイダー様がコワスギル

今、一番苦戦しているのはゲームマーケット公式ページの記事ですかね。私が使っているブログツールと同じツールが使われているのですが、
色々とHTMLタグやCSSの使用制限がかかっていてトライアンドエラーの繰り返し。
実際のところ、短い1記事あたり2時間ぐらいは軽くかかってます(笑)

てーへんだよ、この野郎ー_(:3」∠)_=3

ゲームマーケット関連

秋のゲームマーケット内で開催される非公式企画【ボードゲームで「いい夫婦の日】(夫婦にお勧めの2人専用の創作ボードゲーム・カードゲーム)は未だに悩み中。それ仕様ではない2人対戦ゲームは思い付いてデータ化したんですけどね。
夫婦という感覚が自分に無いからピンと来ないのかも? 仕組みはボンヤリとあるから、背景とか設定を特に定めずにとりあえず形だけ創るか……。

11月22日開催の「ゲームマーケット秋東京」

400ちょっとのサークルさんが応募したことで、今回は抽選となったゲームマーケット。相変わらずAHCさんと合同ですが今回も無事に参加できることになりました。
居眠りの街は、前から告知していた「アダマスの守り手」の拡張「スマラカタの抵抗者」と完全新作が1つ。AHCは今回がデビュー作となるクリエイターさんの【毒の王冠】と「犯人はこの中にいる!」の拡張【真犯人はお前だ!】が今のところのメニュー。もちろん、既存ゲームも扱いますよー。

非公認スタンプラリー

ゲームマーケット2015春にて、主催(もしくは協賛?)した非公認スタンプラリー。今回のゲームマーケットでも開催させてもらいます。
そのために非公認な公式サイト……言葉にするとちょっと矛盾していますが、リニューアルした公式サイトを絶賛更新中です。

→ 公式サイトは【http://ahc.saloon.jp/gm_line/】

非公認スタンプラリーって何?

前回のゲームマーケットから始めました、非公式の有志一同によるスタンプラリーとそのラリーブックを、ゲームマーケット2015秋でも実施します!
スタンプラリーとは何か? つまり、この企画に参加しているサークルで【購入】または【試遊】をすればスタンプがもらえ、一定数スタンプが貯まると各参加サークルで規定している景品が貰えるというイベントです

ゲームマーケットの会場へ訪れた方に、ただ目的のゲームを買って頂くだけではなく「こんなゲームがあるよ」「こんなゲームが試遊できるよ!」というのをアピールして何度も何度も会場の中を楽しく巡っていただきたい!
そうすれば、【自分が今まで遊んだ事のないようなゲームに出会い、またゲームマーケットに行きたい!】
と思って頂けるかも!?イベントも活性化して自分たちのゲームを見てもらうチャンスを増やせます!! そのためには、皆様のご協力が必要不可欠となります。

幸いに、今回も特典提供サークル様、広告主様が今回も沢山申し込みしていただいております。
良いイベントになれば良いなぁー。

スマラカタの抵抗者

ようやく、新作の特設ページを創りました。まだ更新する箇所がありますが、ひとまず公開。

→ 特設サイトは【http://cityofdaze.net/smaragd/】

このカード型レイアウトは、シングルページ構造。クリックすると色々と表示されますが、1枚のHTMLファイルで完結してます。
【アダマスの守り手】より、設定やストーリー部分が多めに扱っています。スライドショーのカードの裏側にもフレーバーがあったりします。

本作の特徴

1

並べる以外のアクションでも、菱形マークを創り出せる

「アダマスの守り手」の特徴であるパズル要素
拡張ではさらに深めた。これまでは場にカードを並べることで2つの菱形マークを完成させていたが、今回から追加される新しいカードは重ねるなどの新しいアクションが可能になる。
相手よりも早く2つの菱形を完成させよう。
そうすれば、相手よりも有利にユニットを選ぶ事ができる。

2

守り手の力の「略奪」

本作のテーマはアダマスの守り手の力を「略奪」することにあり、それはルールにも反映されている。

◎1ラウンド目は、「アダマスの守り手」のカードだけを使う。
◎2ラウンド目は、1ラウンド目の結果を保持したまま追加カードだけを使う。
◎3ラウンド目は、すべてのカードを使う。

ラウンドが経過する事にリソースの創り方の幅が広がり、より強いインスピレーションが必要となる。「略奪」された「アダマスの守り手」の力が新たな力を交わることで、新たな扉が開かれることになる。

ストーリー

「観測者」達の争いは熾烈を極めたものの、磨き上げられた《アダマスの守り手》を従えた者が現れた。
強大な王の遺体が安置されているとされる『聖域』への道が示されたとき、誰も予想していなかった者が遺体争奪戦に乱入する。
《アダマスの守り手》がいる世界とは別次元『スマラカタ』「観測者」達だ。

彼らの世界『スマラカタ』は星の寿命が尽きかけており、すべての生物は星と共に死ぬ運命にある。
すべてを諦めていたところ、謎の占い師が囁いた言葉に望みを託す事にした。
『スマラカタ』には、異なる次元へ渡る門がいくつも存在する」という言葉を信じ、「磨き上げられた《アダマスの守り手》の力を世界の中心地に注ぎ込めば延命出来る」という言葉を信じた。《アダマスの守り手》の力を略奪できる精霊魔術師を従えることができた『スマラカタ』「観測者」は、《スマラカタの抵抗者》と呼ばれるようになる。

どの世界も、運命はまだ混沌に覆われている。

インフォメーション

インフォメーション:非公認ラリーイベント

  • 非公認ラリーイベント?:詳細はこちらをどうぞ
  • 当日、開催される非公認ラリーイベントにてB1-2ブースで各ユニットのポストカードが配布されます。
    ただの、イラストポストカードではありません!スマラカタの抵抗者をさらに簡単にした
    「スマラカタの見習い」というポストカードゲームになっています!!
    ポストカードの精霊魔術師を駆使する、ポストカードゲーム「アダマスの従者」の拡張ルールです。
    postcard

今回のループBGM

色々と気分転換をしてますが、創作に行き詰まっているのでLoopMusicで発散!!
………
……

になっているかは謎ですが(笑)
お昼ご飯も食べ終わった頃に重ねてみたので、のんびりスローペース。
本人がウトウトし始めそうになったのは内緒

アフレコ実況第3話

どっちの予定も中々合わないためノンビリ進行ですが、アフレコ実況付きプレイ動画の第3回をアップしました。いよいよ文句言われる回数が多くなってきました(笑)しかし、まさかあっさり死ぬとは思わなんだ。しかも2回も。
次回はもっと短めになると思います。だって、乙女ゲーの実況とかしたくないですもの!!

委託取り扱い店舗追加のお知らせ

mamorite_btn

相手より手早くカードを並べて強力な戦士を召喚して戦うカードゲーム。
あなたは、どの戦士を味方に付ける?
(上のタイトル画像をクリックすると製品ページが表示されます)

  • プレイ可能人数:2名(2セットで4名)
  • ゲーム時間:20分程度

●キウイゲームズ様
●イエローサブマリン秋葉原RPGショップ様
●ラウンドテーブル様
※ラウンドテーブル様では、アダマスの従者とのセットとなります。

現在、上記店舗にて委託販売中です。「もぐらゲームズ」様の掲載コラムに取り上げられました。ありがとうございます。
– 掲載されたコラムはこちらから –

img01

アダマスの守り手
アダマスの従者

View more

img01

Missin in Links
(ファンタジー)

View more

img01


アダマスの騎士

View more

img01

Missin in Links
(アクション)

View more

img01

TRPG Vision's HIGHシリーズ

View more

img01

1人専用カード
ゲームシリーズ

View more