居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

LARPルールの世界観→TRPG化ヘ

WorldofDarkness(Wod)やChroniclesofDarkness(旧nwod)のパブリッシャーであるONYX PATHPUBLISHINGが、ポストアポカリプス&ゾンビパニックが主テーマのLARPシステム「Dystopia Rising」の世界観に基づくTRPGの新版「Dystopia…

カテゴリー・関連記事

Bloodborneのボドゲはすでに発売されていた!?

てっきり、ダークソウルのボードゲームの方が早いのかと思ったら。
カードゲームという形ですでに「Bloodborne

記事を読む

今年最後のSoundCloud

今年最後のLoopBGMMixはオンライン限定音楽即売会【APOLLO07】で配布したヤツの試聴用にmp3にしたモノ。…

記事を読む

センチュリースパイスロードのファンタジー版!?

フロチャさんで置いてあるのを見かけたり、色々なツイートを見かけて気になっている『センチュリー・スパイスロード』。
三部作構造の次の作品ではなく、それよりも前に同じゲームシステムを使った“ファンタジー版”なるものが登場するようだ。 タイトルは『…

記事を読む


ちょっと、ラーピングしようぜ!(不自然)

私の中にあるLARPの情報はかなり古い。正直なところ ◎ SW1.0(ソードワールドRPG1.0)をLARPで再現されている『…

カテゴリー・関連記事

図書館でボードゲームとな?

「図書館でボードゲーム」という試みが何だか気になり、人に説明できないもどかしさも相まって調べてみることに。 この運動の発端は米国図書館協会が「図書館でゲームを。」という呼びかけを始めたことによる。
2008年から毎年11月に、世界の図書館でゲームをする「…

記事を読む

ロゴとヘッダー画像を追加してみました。

何かのネタではなく、ここまで何もレイアウトをしてこなかった自分のブログ用に(笑)
一度サイトを真っ白にしてやり直しているわけですが、どーにもこうにもデザインが思い浮かばない。 とあるサイトで使ってみたレスポンシブWebデザイン用のCSSフレームワークを導入し、ページを無限スクロールさせるカードレイアウトにしようと思ったけど、どうしても上手くいかない。…

記事を読む

今週発売されるTRPGニュースを見ていたら

ガープス・クラシックのサイバーパンクが電子書籍版としてリリースされたとのこと。
日本でも1996年に翻訳版が発売された、まさにアレです。 今展開しているGURPSは4版。さぞ数えきれない程のサプリメントが色々出回っているでしょうねぇ。追いかけて行ったら、それこそ深みにハマりそうです。…

記事を読む