居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

ガックリ肩を落として帰ろうとしたら?

(前回の続きです)

+-+-+-+-

新宿紀伊国屋書店の南店洋書フロアから帰ろうとしたとき、ふと視界の隅っこにPopが見えたんです。
「2017年、一番売れたアートブック」(たしか、そんな感じ)
何のきなしに立ち止まって見たのが、スウェーデンのアーティストSimon Stålenhag氏の
『Tales from The Loop』
………
……

ん? 大分昔にこの表紙を見た覚えが……。
そして、『Tales form the Loop』という字面を夏ぐらいにTwitterで見かけたような??

モヤモヤした気持ちを晴らすため帰宅の帰路で検索してみたら、週刊アスキーさんの記事がまずヒットしました。(記事ページへ
前のブログで書いたJakub Rozalski氏はポーランドの1920年にSFを共存させた作品でしたが、こちらは1980~1990年代のもう1つのスウェーデンにSF要素(ディストピア感?)を盛り込んだものとなっている。
スウェーデンは2014年に発売されていて、紀伊国屋書店に並んでいたのは英語版。2作目の『Swedish Machines, Lonely Places』は見かけなかったような? じっくりと見ていないので、もしかしたらあったのかもしれません。

コンシューマーゲームのフォールアウトなども根強い人気を誇り、そこからインスパイアされてさらに色々とディストピアな世界観のゲームも出てきている様子。
SCYTHEのウケの良さも見るに、コンシューマのみならずボードゲームにもこの流れはキテいるのかもしれませんね。
………
……

TRPGはどうなんだろうと思っていたら次の記事がヒットしました。(記事ページへ)
『Tales from the Loop』はTRPGなのかっ!!
そうだ、思い出しました。スケルトンTRPGでお世話になった「ふぇる(@feltk)」さんがツイートしてました!!

『Tales from the Loop』のアートブックと同じく舞台は1980年代の田舎町。地下には政府機関が製造したらしい謎の加速器が埋まっているためなのか、町の周辺では存在しているはずのない恐竜やら機械生物などが目撃されるようになった。
プレイヤーが演じるキャラクターは少年少女のようで、職業ではなく性格によって個性が出る。「The Loop」の力で田舎町に送り込まれた奇妙な生物や、レトロなロボットと遭遇するが、戦闘重視ではなく探索や冒険、人間関係に重きを置いているとのこと。

あ、遊んでみたいと思ったのですがクイックスタートを発見することができず。
オートマトンさんの記事にあった、ルールの基礎となっている「Mutant: Year Zero」の体験版は見つけてダウンロードすることができました。
近々、読み解こうと思います。

こういう、イラストレーターさんが創り上げたオリジナル世界観のアートワークを基盤にゲームが創られるという流れはこれから増えて行くんでしょうかねぇ??