居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

銃と硝煙の世界に小指を浸けて(4)

※この内容はAHC(http://ahcahc.com)のブログにも掲載されています。最後の内容は居眠りの街だけ!!

前回は、サンプルキャラクター「バイパー」こと石林有を使ってショットガン「ペネリ M4590 M1014」で射撃判定をさせてみました。スキルを持っていなかった+視界不慮と遮蔽でかなりのペナルティを受けました……。ショットガンは特殊弾を使わない限りは至近距離でぶっ放すしかないことがよくわかりました。

昨日は、AHCメンバーにお願いしてこれまで読み込んだ内容をおさらいしていました。サンプルキャラクター「ブリッツ」ことリチャードに、ハンドガン「H&K Mk.23 SOCOMピストル」とライフル「M4カービン」で射撃判定を行ってもらいました。データを確認しながら行ってみたのですが、そこで今回も気になる点が。リチャードが装備している「M4カービン」にはダッドサイトとスコープの両方が銃器Modとして付いていました。データ上は両方の効果が適用されている……。

これ、どうなの?

スコープの上にドットサイトが付いている代物があるようなので、まさかそれを再現している? でも、それなら専用のModを新たに置くべきでは?

なお、ルールの注釈には「レーザーサイト・ダットサイト・スコープの効果は重複しません。複数取り付けることはできますが、どれか1つの効果しか得られません」とあります(ルールブックから要約)。ということは「射程修正が重複していないから両方の効果が適用できる」ではなく、「ダットサイトまたはスコープどちらかの効果だけが利用できる」という解釈ではないでしょうか?

※ ご指摘は大歓迎。

格闘ルール

では、射撃場で色々と悩んでしまったので気分転換に石林は運動場へ出てきました。教官に呼び止められて格闘戦のおさらいをすることになります。

石林は〈格闘〉スキルを所持していないため、格闘系の数値のみで対応します。
相手は、訓練兵Aで攻撃回数は射撃と違って1回のみとなります。他の状況としては

  • 視界は良好
  • 遮蔽は取られていない
  • 相手は小刻みに動き回っている

ペナルティは特になさそうなので、ロールを試みます。

  • 1回目|「成功判定」:61(失敗)

やはり、スキルの内なまくらな拳では上手く当てられませんでした。その後に訓練兵Aは攻撃を仕掛けて来るが、訓練兵の攻撃は命中のようです。

回避ルール/カウンター攻撃

射撃には回避する概念が無いが、格闘ルールには回避ルールが存在します。ただ、回避行動を行うと次の自分の手番まで他の行動をすることができませんが、[回避行動]は何度も宣言できます(回避専念状態)。

ルール原文は「次の[行動チェック]では行動できません。ただし、次の[行動チェック]までの間は何度でも[回避行動]を宣言できます」となっています。回避をしたら次のラウンドは一切行動できないんでしょうかね?? それが正しいなら回避は実行後のペナルティが高い……という印象です。

カウンター攻撃は必ず-20%のペナルティを受けて行います。無事に成功すればカウンターを仕掛けた側がダメージを与えることができます。ここで不思議に思ったのが、カウンター攻撃は行動済みにならないのでしょうか?? ルールブックのサンプルでは「回避」は行動ができなくなる……という理由でダメージをあえて受けるを選択していました。カウンターは判定に-20%。
あえてダメージをうけて、次の自分の判定でチャンスを掴むというのが常套手段なのかもしれません。

さて、石林はあえてカウンター攻撃を宣言します。避けるより殴る派な人なんですね。
51%に-20%の修正が付いて、かなり成功の目が低くなってしまいました。
それでもロールです。

  • 1回目|「成功判定」:22(成功)→「達成値判定」:4+0(【貫通力】:格闘レベル+貫通値)=8

どうにか命中しましたが、貫通判定では相手の装甲値を無視するにはさっぱり値が足りません。
格闘攻撃におけるダメージの算出は、素の命中率によってダメージが変動します。
ただ、それは〈格闘〉を持っているキャラクターだけの話なのでスキルがなければ命中率がある程度あっても武器カードのデフォルトである1D6だけなのだと思います。そんなわけで訓練兵Aに4点のダメージを与えます。

〈格闘〉スキルを持っていない場合のダメージをどうするかは、記載されていませんでした(もしくは見落としているのかもしれません)。
恐らく詳細なスキルを使わずに格闘をすることを想定されていないのだと思います。まぁ、プレイヤーはプロフェッショナルな傭兵でしょうからね、どんな射程であれ自分の得意分野で戦うように工夫するのかもしれません。

一つ一つの判定項目やデータなど、本当に悩ませられるガンドッグ・リヴァイズド(笑)
ロール&ロールの特集号かリヴァイズドのリプレイを買った方が良いと思い始めました。
(この間、初期のガンドッグルルブを見せて頂ける機会があったのですが……こっちの方が理解しやすかったのが正直な感想……)
と、とりあえず

  • ロール&ロール Vol.146
  • ガンドッグ・リヴァイズド リプレイ 雪風水滸伝 死闘篇 (Role&Roll Books)

を購入してみようかと。って、これガンドッグのリプレイだったのか!? 表紙は見かけた事あるような気がするけど、気付きませんでした。Amazonの紹介ではチュートリアル戦闘も収録されているようなので、ここまで抱いた疑問点なども解けると期待したいところです。

– + – + – + – +

引き続き、『Tom Clancy’s The Division(ザ・ディビジョン)』のTRPG版(ファンメイドver)を創るべく情報を集めております。

私もブログのネタとするにあたって魔法の言葉を口走る必要がある気がしてきたので宣言させていただきます。

“All copyrights are held by their respective owners and this is purely a fan madeTRPG.”

ここまではゲームの設定やプレイ概要とどんな組織がパンデミック後世界をうろついているか情報を調べ直してきました。しかし、世界観を深堀していくにもまずはキャラクターが必要になってきます。
そして、何よりもまず創作を進めるにあたってタイトルを借り決めしておく事は重要なことです。
………
……

しばらくは、『L:the DarkWinter(仮)』なんてタイトルにしておこうかと思います。VtRをモロに意識したタイトルですが、お目こぼしの程を〜(笑)

そういえば、The Divisionが制作されるきっかけとなった元ネタについて触れていないのを思い出しました。そもそも「ニューヨークに細菌テロが起きた場合、最悪の場合90%の人命が失われる」という軍事シミュレーションOperation Dark Winterに対応するために発令されたDirective 51(即応部隊の設立)がそのままネタとして利用されています。

Operation Dark Winter

ダークウィンターは、アメリカのどこかでバイオテロが発生した際の緊急事態に対する予防措置と対応戦略を確立させることを目的としたシミュレーションです。
シミュレーションでは天然痘を使ったバイオテロが想定されていて、その結果、政府はウィルスの断定や、病気の蔓延率抑制、不測の事態が緊急対応能力が圧迫されて対応しきれなくなり、連鎖するように破滅的な緊急事態(日常生活を大規模に損なう社会破壊や暴力による恐慌)が引き起こされます。
– * – * – * – * –
まさにThe Divisionの世界ですね。

そんな世界の上で、キャラクター達が街を取り戻すべく奮戦する……The Divisionエージェントをテーブルの上で再現するためには極力ゲーム内のステータスや能力の名称をそのまま利用しようと思っています。

では、コンシューマー内ではエージェントにどんな能力値が定義されているでしょうか?
キャラクターとしての能力値は

  • ◎銃器:武器を使った攻撃にリンクしています
  • ◎スタミナ:キャラクターのHPにリンクしています
  • ◎電子機器:スキル威力にリンクしています

この3つです。最近のTRPGは能力値が少ないモノもよく見かけるので、この項目のまま利用できるかもしれません。もしくはWorld of Darknessみたいにこの3項目を「カテゴリー」として詳細な行動はサブ能力値を組み合わせるスタイルにしても良いかとと思います。

下に貼る実際の装備画面キャプチャからご覧頂く通り、武装は次の通りです。

  • 武器はメイン、サブ、サイドアームの3種類
  • 防具(ギア)は、ボディーアーマー、マスク、ニーパット、バックパック、グローブ、ホルスターの6種類

また、別画面には

  • ◎スキル:The Divisionエージェント用SHDテック特殊装備
  • ◎タレント:キャンプを改築することで得られるキャラクターのアクティブ能力
  • ◎パーク:キャンプを改築することで得られるキャラクターの受動能力

の項目ページ、消耗品や資材の項目ページがあります。
キャプチャし忘れてしまったので、そこは来週にしたいと思います。

ファンメイド作品を追う

一度調べた時に、出だしと目次だけが書かれたファンメイドTRPGのサイト。改めて斜め読みをしてみたら、どうやら「FATE CORE SYSTEM」のサプリメントとして開発が始まったものの、どうやらストーリー再現重視のシステムの上でDIVISIONをやるには、開発者の中では問題がありすぎたようでオリジナルシステムの方へ方向をシフトした旨が開発日誌に書かれていました。

結構興味を惹かれる内容が残っているので、次回以降これも粗訳版を紹介出来たらと思います。

※動画は2014年のE3にて公開されたデモプレイ。この頃はまだドローンがありました。


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

今週発売されるTRPGニュースを見ていたら

ガープス・クラシックのサイバーパンクが電子書籍版としてリリースされたとのこと。 日本でも1996年に翻訳版が発売された、まさにアレです。 今展開しているGURPSは4版。さぞ数えきれない程のサプリメントが色々出回っている […]

記事を読む

海の向こうで2017年、話題になったTRPGは?

元記事はこちら てっきり、D&D5thかと思ったら……そうでもないような? まぁ、ICv2さんのセールスチャートの記事が……来年の2月頃には出るでしょうから、それを眺めることにしましょう。 ここでは、2017年 […]

記事を読む

NUMENERA・TRPGはこうキャラを創るそうで。

※この内容はAHC(http://ahcahc.com)のブログにも掲載されています 前回に引き続き、NUMENERAについての紹介を2014年初期に公開されていた公式Webサイトの文面の粗訳 テキストを使って紹介してお […]

記事を読む