居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

銃と硝煙の世界に小指を浸けて(2)

※この内容はAHC(http://ahcahc.com)のブログにも掲載されています。最後の内容は居眠りの街だけ!!

前回は、サンプルキャラクター「バイパー」こと石林有を使って「FNファイブセブン」のセミモードでの射撃判定をしてみた。

前回の記事はこちら→

あの記事を書いた後、
「命中判定した後に弾が防具を貫通する判定まで必要なのか??」
と疑問に思っていました。他のTRPGでは攻撃が命中する度に防御値が低下するとかの処理がされるルールがあったので、それで良いのではないか?
………
……

しかし、コンシューマーゲームで遊んでいるとき、敵へ過度なダメージを与えることでオーラを壊して直接ダメージを与える様子を見て
「あぁ、命中判定した後に貫通判定ってこれか!!」
と納得してしまいました。まぁ、きっとゲームデザイナーさんは全然別の意図を持っていたんでしょうけど。
私は、ひとまずこれで納得です。

あと、ガンドッグは他のシステムの100%ロールと違う点があって「出目が低ければ低い程優秀」という解釈ではなく、「キャラクターが習得している数値ギリギリ以内で成功すると優秀な成果(達成値が大きくなる)となる」という解釈なので、これは非常に興味深い。

行動判定のテストをする前に?

サンプルキャラクター「バイパー」こと石林有を使って、射撃判定テストの続きをしようと改めてキャラクターシート全体を見ていて気付いた。
石林のハンドガンのスキルはLv1、FNファインプロで射撃ロールをする場合の命中率は67%。さらにサプレッサーが装備されているようなので命中率が-10%されるので標準な命中率は57%になるはずである。レーザーサイトを搭載しているようなので近距離なら命中率に+10%なので増えても67%。

この差異は?

考えられるのは3点。「SMGのスキルでの判定値」を書いているか、クラスアーツ「シェアショット」が反映されてるのか、サプレッサーの修正が反映されていないか。
まぁ、最後の「サプレッサーの修正が反映されてない」ってところか。Modとして書いてあるなら、修正は常にかかるものじゃないのか?(イラストだって、サプレッサー付いてるよ!)

《武器MODの修正を分かりやすく見える化する》というのは、射撃ルールを取り扱う上では必須項目のようだ。

フルオートでの射撃

では、気を取り直して射撃判定テストの続き。今回は石林にSMGの「FN P90」の方を持たせている。

ソードアートオンラインのスピンオフ作品、時雨沢恵一著の『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』では、ピンク色に塗装された姿で劇中に登場していたりもする。FPSゲームにならんものか……。

前回と同じ射撃場なので[近距離]に目標物が2つ立っている。石林は「FN P90」を構えて、SMGのスキルで射撃を試みた。

  • 「FN P90」にはダットサイトという近距離での射撃に対して+10%の修正を得られるModが付いていて、武器による距離の修正として-2%がある。
  • 射撃モードはフル、目標物Aに2射、目標物Bに1射の計3射を行う。修正は『2目標、3射』1射目-10%、2射目は-20%、3射目は-30%。
  • 今回は視界不慮-20%を受けているものとする。
  • 目標物はレーンに乗って移動している。

では、命中率の算出となる。前回の判定もあるので銃器Modのサプレッサーは付いてないものとして

  • ◎目標物Aへ射撃をする命中率は1射目が65%、2射目が55%
  • ◎目標物Bへ射撃をする命中率は45%

となる。では、DRロールを実行。

  • 1射目|「成功判定」:78(失敗)
  • 2射目|「成功判定」:28(成功)→「達成値判定」:10+7(【貫通力】:SMGレベル+貫通値)=17
  • 3射目|「成功判定」:10(成功)→「達成値判定」:20+7(【貫通力】:SMGレベル+貫通値)=27

2目標に対しての射撃は無事に成功し、さらに目標物Bに対しての命中判定はクリティカルとなった。
ガンドッグ・リヴァイズドにおけるクリティカルなどの特殊な出目は、中々特徴的である。

特殊な出目

  • クリティカル:判定に成功して一の位が「0」のときにめざましい成果を得ます。達成値が無条件で20となる。
  • ファンブル:判定した際に「00」だったら、命中率や成功率が100%を超えていたとしても必ず失敗となる。
  • ベアリー:判定した際に「01」だったら、かろうじて成功した扱いとなる。

目標物は装甲値10のボディーアーマーを着せていたため、命中した弾はアーマーを貫通する。
フルーオートは命中率のペナルティが高いものの、相手へ与えるダメージは高くなる。1射命中させるだけでも+1d6のダメージボーナスを得るられるのだ。
目標物Aには16点、目標物Bには11点のダメージを与えることに成功したため、実際の相手ならダメージペナルティを被せることができる。

射撃が終了し、モードに定められた5発を消費する。

ダイス目に救われたが、視野不慮のペナルティは中々大きい。これを色々なギアや射撃をする前に取れる行動やクラスアーツでペナルティを削っていくことになるのだろう。
だがしかし、ペナルティは視野不慮だけではない。
次回は、そこを踏まえて違う武器を使った判定もしてみようと思う。さっさと格闘ルールに行けるかと思ったら、まだまだ掛かりそう(笑)

—-

ふと思い出して検索してみたところ、『Tom Clancy’s The Division(ザ・ディビジョン)』のTRPG版はファンメイド作品であっても公開されているのを見かけたことがありません。
海外の掲示板を斜め読みする限り、

  • d20システム
  • Numenera

をベースとした『The Divison再現サプリメントブック』を作成するという描き込みが見られました。
オリジナルシステムで構築しようとされた方は目次と、レベリングシステムと経済部分の記載を最後に更新を途絶えていました。
スリーパーエージェントに消されたのかもしれません(笑)

そうなると、今なら国内初のファンメイドTRPGという称号を得られるかもしれません。まぁ、そんな腹づもりで制作するわけではありませんが(笑)

さて、ではTRPGとしてThe Divisionを再現するとなると……どんなルールが必要になるだろうか?
だが悩み始める前に、そもそも「The Divison」がどんな作品なのかを自分で復習しておかないといけません。

設定の概要

始まりは近未来のニューヨーク。ブラックフライデーのセールで支払われた数えきれない程のドル札紙幣のごく一部に、新種の天然痘ウィルスが仕込まれていて世界規模のパンデミックが発生した。本作の舞台はパンデミック後の政治経済が大混乱した世界です。
プレイヤー達は世界混乱の最中政府を維持するための任務を帯びた、戦略的国家諜報員『The Division』の一員とななります。
マンハッタンの再建計画から活動を開始し、パンデミックの中心地であるここでウィルスや発生の根幹を調査し、人々を脅かす犯罪活動に対抗していきます。

ゲームプレイの概要

「The Divison」はパンデミックによって荒廃した危険なマンハッタンを自由に探索できるオープンワールド型のアクションロールプレイングです。メインミッションはウィルスを探し出し、発生源を調査することです。
プレイヤーキャラクターは3つの銃器や粘着爆弾や追尾マインなどのSHDテックなどを装備し、敵からのダメージを避けるため、また攻撃時に戦術的な優位性を持たせるために、戦闘中にオブジェクトの背後に隠れることがあります。

ゲームを進めて行くことでプレイヤーは経験値と通貨を獲得し、これらを使って武装を購入しキャラクターを拡張することが可能です。武装は廃墟などから回収から素材で制作することも可能です。

ストーリーラインには、任務中にプレイヤーキャラクターの拠点である運営基地局の整備・改良も含まれています。医療・防衛・技術のカテゴリーの棟があり、改良を加えることでプレイヤーキャラクターが使用できるスキルやSHDテックが増えていきます。
それ以外にも基地を拡張することで、ウィルスの詳細が解明でき、敵勢力の監視、状況の考察、再建の計画が進行していきます。
ゲーム内の季節はクリスマス時期、時間単位で天候や昼夜が変わっていき視界に影響を与えます。そのため、敵味方共に目標の視認を困難にしたり、行動パターンに変化を与えます。

また、マップ内には病原を隔離するために急造の壁で閉鎖されたダークゾーンが存在します。最初の「The Divison」達や軍がマンハッタンから撤退した際に、多くの装備がそこに残されました。そこでは叛旗を翻したローグエージェントとプレイヤーキャラクター達が装備を争奪しあうPvPエリアです。ダークゾーン内ではより高い品質のアイテムが見つかりますが病原に「汚染された」とみなされ、ダークゾーンから出た後にプレイヤーが利用できるようにヘリコプターを介して運び出し、洗浄しなければ使用可能になりません。また、見つけたアイテムは他のプレイヤーキャラクターに略奪される可能性もあります。

ストーリーの概要

ブラックフライデーで支払われた数えきれない程の紙幣のごく一部に植え付けられたウイルスによって天然痘パンデミックが引き起こります。 「グリーン・ポイズン」または「ドル・インフルエンザ」と呼ばれるこの病気は広範な混乱を引き起こし、マンハッタンは隔離されています。米国政府は共同タクスフォース(JTF)と呼ばれる緊急対応者を支援するために、戦略的国土管理部のスイーパーエージェントの活動を許可するDirective 51(大統領令51号)を発令。「The Divison」の第一波の活動が開始されました。しかし、第一波は全員死亡・もしくは行方不明となったことで、プレイヤーキャラクター達の第二波が活動を開始しますが直前に隊員を乗せたVTOLが撃墜されることに……。
その事件で戦力の大半と指揮官を失いながら、ジェイムズ・ファーリー郵便局を暴徒から奪還。そこを「The Divison」とJTFの運営基地局としてウィルスと敵勢力に立ち向かいます。「暴徒」、ライカーズ収容島から脱獄してマンハッタンを乗っ取ろうと企てる「ライカーズ」、自分たち以外全員ウィルスに感染していると信じ込んで焼却しようとする清掃局の生き残り「クリーナーズ」、治安回復の建前でマンハッタンを支配したい民間軍事企業の一部隊「LMB」と4つの敵勢力が現在も存在しています。

ここまで自分で要約してみて、ファンメイドとしてTRPG化するならば

  • パンデミック後の過酷な世界を生きている様を再現(設定や経済現状、イベントやキャンペーンも利用して)
  • キャラクター上でSHDテックやタレント、武装を再現。射撃メインの戦闘にする
  • 自分たちの運営基地局を改築できるようにする
  • ダークゾーン(PvP要素)も取り入れる


まずは、こんな大枠を固めて行くのが良いのだろうか。DIVISIONの世界感でアジア圏がどういう状態になっているのかが気になってきました。アートワークに掲載されてるのかなぁ……。

※ 動画は2013年のE3にて公開されたゲームデモ動画。製品版とはかなり違うけど、これを見て衝撃を受けたのでした。UBIのプレイデモンストレーション動画はワクワクしますよね!!


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

スパイクとロックマン!?

やー、動揺した……動揺した。 嬉しい動揺だったらウェルカムなんですが、そんなことは微塵もありません。 Bungieよりも先に、血のバレンタインをリアルで体験するハメになるとは(Bungieのは決して血ではない) シャック […]

記事を読む

休日に何もしてないって思ったでしょ!?

こういう見出しの時は、大抵お外で遊んでいるのがこのサイト。 土曜日はフローチャート様にてお世話になっている方のお誕生日の御祝いも兼ねて、トリテゲーム会の終盤に参上してきました。 ◎PALA:混ぜて色を出す方法を終盤になっ […]

記事を読む

今年最後のSoundCloud

今年最後のLoopBGMMixはオンライン限定音楽即売会【APOLLO07】で配布したヤツの試聴用にmp3にしたモノ。 ゼロから音源を作っているわけでもなく、音楽理論もない身にとっては「あぁ、やっぱりね」的な成果でした( […]

記事を読む