居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

来年、D&Dを遊んでみるために。

正直な話
………
……

他の人が楽しそうに「こうやって遊んでるんだ!」的な話はよく聞いてはいたものの、ダンジョンズ&ドラゴンズで遊んだことが一度も無い。
TRPGのコンペンションに参加していた頃も、D&Dの卓は見かけなかったし。
D&D4版のルールズ・コンペンディウムは購入したものの、あれだけでは遊べないという事実にショックを受けただけでした(笑)

まぁ、紆余曲折極まって2017年はD&D5版のスターターセットとプレイヤーハンドブックが発売となり、「これを逃す手はないっ!!」
ということで自分がDMとなってAHC内でオンセ卓を立てる事に。
遊びたいときは、これが一番手っ取り早いんですよね(良し悪しは別にして)

スターターセットや公式サイトにて公開された初心者向けシナリオ(外部リンク)があるのでシナリオは良いものの、問題はルールブックの所持率。完全フルカラーということもあり、国内のTRPGルールよりややお高くなっていてAHC内でもそこまで持っている人はいなかったりもする。

そこで、どうやって卓を成立させるか考えた結果「ベーシック」でまずは遊んでみる事にしました。
ベーシックルールは製品版から中核的なルールと、製品版からいくつかのデータが収録されたいわば「体験版」仕様。
選択幅は広く無いものの、ダンジョンズ&ドラゴンズ5版をキャラクター作成からキッチリ遊ぶことができる優れもの。

これなら、参加しやすいだろう〜ということで。募集を開始したところ、卓は成立しそうで……今のところ一安心。

+-+-+-+-

とはいえ、ぶっつけ本番で遊ぶのもあれだし、ブログのネタにもなりそうなのでキャラクタービルドや判定、戦闘などをシミュレーションしてみることにしました。

キャラクターを創る前に、大事なことを押さえておかないといけない。
『端数は切り捨て』
(キャラクター作成で必要かはおいておいて)

## キャラクターの作成を始めよう。
“ステップ1に取りかかかる前に、君がプレイしたいのはどんな冒険者なのかを考えてみよう”
とあるので、今回は「ヒューマン・ファイター」を目指してみようと思う。ちなみにTRPGに復帰してしばらくの間は「ヒューマン・ファイター・男」というネタがわかりませんでした。(実話)

名前は「エイジェイト」という男性キャラをにするとしてイメージを再現できるように、あれこれと取得開始。

ステップ1:種族の選択は勿論『ヒューマン』、ステップ2:クラスの選択はイメージ通りに『ファイター』。手っ取り早くファイターを創るのであれば、ルールブックによると“【筋力】と【敏捷力】のどちらかを一番高い能力値にする(近接武器をメインで使うなら【筋力】、遠隔武器や“妙技”武器をメインで使うなら【敏捷力】)。2番目に高くするのは【耐久力】がよい。次に背景として“兵士”を選択する”……なるほど。

ステップ3:能力値の決定は4d6をして高い出目3つの合計値を6回求めて、今回は「8、12、5、13、11、15」。どう割り振ったかは後述のキャラクター簡易情報を見て欲しいが、脳筋間違いなしなことに……。まぁ、宿命かな。それに種族ボーナスを加算。
その合計値が出たら、能力修正値を算出して能力値部分は完成するそうです。。おっと、小数点切り捨てが生きてきた。

ステップ4:キャラクターの背景を決める。最初に名前を決めていたのに、手順的にはここで初めて「名前」を決める項目が(笑)
今回はファイターの簡易作成助言に従ってみましたが、悪党とか別の背景を持ったファイターでも面白そうだなぁ〜と思いました。

食わずぎらい的な思考で「D&Dって戦闘に必要なデータだけに焦点を当ててるんじゃないの?」的なイメージでしたが、
割としっかりとキャラクターの設定などを固めることにわりと驚きました。
(きっと4thでもそうだったのかもしれませんが……)

ちょっと、頭が足らないけど仲間想いのとっぽいファイターを使って、判定などを確認して行こうと思います。

+-+-+-+-
名前:エイジェイト
種族:ヒューマン(共通語とオーク語、移動速度は30フィート、身長6’1″、体重190lb)
クラス:ファイター(戦闘スタイル:両手武器戦闘)|レベル:1
特徴:《底力》
ヒット・ポイント:12
1レベル時のヒット・ポイント:10+【耐久力】修正値
以後のヒット・ポイント:1レベルより後のファイター・レベル
ごとに(1d10(または6)+【耐久力】修正値)
ヒット・ダイス:ファイター・レベルごとに1d10
習熟:[鎧:すべての鎧、盾]、[武器:単純武器、軍用武器][セーヴィング・スロー:【筋力】、【耐久力】]、[技能:〈動物使い〉、〈生存〉、〈威圧〉、〈運動〉][道具:骨のダイス一揃い、乗り物(ろば)]
AC:14

能力値:()の中は能力値修正
【筋力】16(+3)
【敏捷力】13(+1)
【耐久力】14(+2)
【知力】6(-2)
【判断力】13(+1)
【魅力】12(+1)

属性:混沌にして中立
背景:兵士(歩兵)
+ 特徴:軍の階級
+ 人格的特徴:軍務を経て、戦いにつきものの、勇ましい話や用心をうながす話を多く知るに至った。
+ 尊ぶもの:人それぞれ。どんな立派な理想も、殺し、戦う理由にはならない。(中立)
+ 関わり深いもの:古い戦友のためには命を捨てて悔いない。
+ 弱味:戦で出会った恐ろしい敵のことを思うと今でも震えが来る。

装備:
+ 歩兵の階級章
+ 倒した敵の記念品(折れた刃)
+ 骨のダイス1揃い
+ 普通の服1着
+ ベルトポーチ(10gp入り)
+ チェイン・メイル
+ ハンドアックス×2(1d6[斬撃]:軽武器、投擲(射程20/60))
+ 探検家パック(バックパック、ボールベアリング1,000個入りの袋、10フィートの細ひも、ベル、ろうそく5本、かなてこ、金鎚、ピトン10本、覆い付きランタン、油2ビン、保存食5日分、ほくち箱、水袋。加えてバックパックの脇には50フィートの麻のロープがくくりつけられている。)
+ ロングソード(1d8[斬撃]:両用(1d10))
+ モール(2d6[殴打]:重武器、両手用)


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

今週発売されるTRPGニュースを見ていたら

ガープス・クラシックのサイバーパンクが電子書籍版としてリリースされたとのこと。 日本でも1996年に翻訳版が発売された、まさにアレです。 今展開しているGURPSは4版。さぞ数えきれない程のサプリメントが色々出回っている […]

記事を読む

2018年ボドゲ初め

何だかんだと去年もそんなにアナログゲームで遊べていなかった私。 今年はもう少し遊べたらと思って、レッツGOフローチャート。 ……その前に中野ブロードウェイへ。 まんだらけのアメコミ棚を眺めていたら、もう「ウィッチャー」が […]

記事を読む

V:tM5thのロゴが発表されたそうで。

タイトル通り。あれ、5thって発売されてたんじゃなないのか? と疑問に思ったものの、20thアニバーサリーは4thエディションだったんだそうで。 20thアニバーサリー以降、日本ではnWoDとして知られるストーリーライン […]

記事を読む