居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

はっ、そのロゴはガープス!?

元記事はこちら

何か見た事があるロゴをバックに映っている画像……もしやガープス!?
と思ったら、この人がスティーブ・ジャクソンとのこと。なんだかお茶目そうなおz(ry

ニュースになっているのはGURPSを制作する前に出版していたRPG「THE FANTASY TRIP」シリーズの版権を取り戻したとのこと。特にルールの変更はないものの、新しい形でリリースしたいらしい。でも、リリーススケジュールは未定。

基本的にはソロプレイで、『Melee』と『Wizard』というモジュールを導入することで基本的な戦闘と魔法のルールが加わり、『Gamemasters』『Advanced Melee』『Advanced Wizard』というモジュールを導入するとTRPGになるとのこと。何だかファイティングファンタジーにも似ているような? 確かに、分冊されているスタイルはD&Dとも共通点があるかもしれない。

「THE FANTASY TRIP」はキャラクター生成のためのポイントで能力値を買っていく制度を導入した作品で、これがのちのGURPSのキャラメイクにも活かされているとのこと。

2018年にもしも販売されることがあれば、リバイバルイヤー(と勝手に命名してますが)としての印象がまた強まるのでは?


Also published on Medium.

カテゴリー・関連記事

休日に何もしてないって思ったでしょ!?

こういう見出しの時は、大抵お外で遊んでいるのがこのサイト。 土曜日はフローチャート様にてお世話になっている方のお誕生日の御祝いも兼ねて、トリテゲーム会の終盤に参上してきました。 ◎PALA:混ぜて色を出す方法を終盤になっ […]

記事を読む

ガックリ肩を落として帰ろうとしたら?

(前回の続きです) +-+-+-+- 新宿紀伊国屋書店の南店洋書フロアから帰ろうとしたとき、ふと視界の隅っこにPopが見えたんです。 「2017年、一番売れたアートブック」(たしか、そんな感じ) 何のきなしに立ち止まって […]

記事を読む

LARPルールの世界観→TRPG化ヘ

WorldofDarkness(Wod)やChroniclesofDarkness(旧nwod)のパブリッシャーであるONYX PATHPUBLISHINGが、ポストアポカリプス&ゾンビパニックが主テーマのLA […]

記事を読む