居眠りの街

ウトウトするかのように何かを創っていきたい。

言われてみれば、確かに

(この内容は個人的な推論のみで、ちょーてきとうに書かれています)

ファンタジー系のウォー・ゲームって見かけない気がする。
海外TRPG系のPDF販売「DriveThruRPG.com」のサイトに良く似ているウォー・ゲーム用の
販売サイト上で検索してみると、つい最近もサプリは出ているようなのですが
どちらかというとタイルゲームというミニチュアゲームに近い印象があった。

どうむ、昔出版されている本の中にウォーゲームというカテゴリーは卓上戦略・歴史……あと何かの再現を目指したもので(もちろんIFな内容もあるが)、ファンタジーはそこまで浸透しなかったらしい。
その結果が、ミニチュアゲームへの派生なのではないか?と考えた。

こういうのを次の雑誌のネタにするのは面白いかもしれない。

カテゴリー・関連記事

居眠りは焼け野原になってしまいました。

忘れもしない4/29。 この間読了をした『Bring That Beat Back』を遊ぶ参考に……とも思ってお知らせをもらったイベントから戻ってきた次の日。 バックアップやここ10年ぐらいの創作データも含め、PCがクラ […]

記事を読む

意欲作だったらしい、ゲームブック?

『全員で1冊のゲームブックを遊ぶようなゲームスタイルがあると良いよねぇ』 という話題が私が見ているTL上ではありました。レガシーシステムや協力ゲームが盛り上がったときにその話題にもなったんだと思います。あとはFall o […]

記事を読む

遊んでみたい吞み比べゲーの新作

2016年に発売されて、どこかで遊べたらなーっと思って未だ叶っていない 「レッドドラゴンイン!!」 プレイヤーはファンタジー世界を冒険する冒険者となり、酒場で自慢話をしながら吞み比べをし、ギャンブルして金をがめ、酔い潰し […]

記事を読む